七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【なな百科:キャラクター紹介】『デート・ア・ライブ』五河琴里(いつか ことり)

なな情報局の辞書、なな百科ではついつい萌えちゃうあのキャラや、かっこいいあのキャラ…気になる謎キャラを紹介するぞ(>ω<☆)ノ

今回は『デート・ア・ライブ』の五河琴里ちゃん!

※メディアミックス作品のため情報はアニメやゲームなどが混在しています。
※一部ネタバレがあるので、注意してください。

 

★五河琴里(いつか ことり)

ブシロードスリーブコレクションHG (ハイグレード) Vol.545 デート・ア・ライブ 『五河琴里』

 

★キャラクター概要

富士見ファンタジア文庫より刊行されている橘公司氏によるライトノベル、およびTVアニメ『デート・ア・ライブ』、『デート・ア・ライブII』に登場するキャラクターの一人。
主人公・士道の義理の妹。
ツインテールのかわいらしい少女であるが、〈ラタトスク〉の司令官であり、士道を精霊との交渉役にし空間震災害の根絶を目指している。

白いリボンをつけているときが「妹モード」となり無邪気な性格だが、黒いリボンを付けた「司令官モード」ではクールかつ毒舌に士道にむりやり男女交際を学ばせたり、士道が失敗するたびに彼の黒歴史をばらすなど容赦ない性格になる。
しかしこれは自己暗示による公私の切り替えを行っているだけで、どちらのモードでも士道を慕っていることには変わりない。

実は物語開始の5年前の誕生日に、謎の存在〈ファントム〉によって霊力を与えられたせいで、炎を操る精霊となってしまっている。
その際、霊力を暴走させ大災害を起こし、助けに来た士道をも傷つけてしまう。
〈ファントム〉の助言により、士道の協力で霊力を封印し事態を収束させている。
この事件が精霊を救うために行動している原点である。

狂三の出現に伴い、5年ぶりに力を取り戻して狂三を撃退しているが、霊力を取り戻したために精霊の状態で固定されてしまい、強い破壊衝動に苦しめられてしまう。
しかし士道との「デート」とキスによって無事霊力を再封印している。

 

★プロフィール

CV:竹達彩奈
年齢:14歳
身長:145cm
スリーサイズ:72/58/74
髪型:赤のツインテール
好きなもの:チュッパチャプス
苦手なもの:怖い話
識別名:〈イフリート〉
家族構成:義兄

 

★作品紹介

デート・ア・ライブ
劇場版デート・ア・ライブ 万由里ジャッジメント [Blu-ray]
富士見ファンタジア文庫より刊行されている橘公司氏によるライトノベル。
「精霊」の出現により起こる大災害「空間震」を防ぐための唯一の方法、「精霊とデートして、デレさせる」ため奮闘する主人公「五河士道」の姿が描かれる。
2013年4月~6月からTVアニメ第1期、2014年4月~6月からは第2期がTOKYO MXほかで放送された。

 

★関連楽曲

Lollipop Baby「劇場版デート・ア・ライブ 万由里ジャッジメント」キャラソン・アルバム“Music Judgement”
「劇場版デート・ア・ライブ 万由里ジャッジメント」キャラソン・アルバム“Music Judgement"

 

★名言、迷言

「デートして、精霊をデレさせなさい!」
「……本当に考え無しよ。アメーバだってもう少し思慮深いわ。この半細胞生物」
「やだなにその反応。図星?ストライクゾーンは中学生以下?きゃー怖い。私も気を付けなくちゃ」
「それでこそ― 私のおにーちゃんよ」
「そんなこと言われたって、事実なんだから仕方ないじゃない。もうちょっと素直に妹の言葉を信じなさいよ。人の言葉を疑えば頭が良く見えるだなんて思っているの?」

 

★関連グッズ

 


関連記事

   
ページ上部へ戻る