七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【なな百科:キャラクター紹介】『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』アンナ・錦ノ宮(あんな にしきのみや)

なな情報局の辞書、なな百科ではついつい萌えちゃうあのキャラや、かっこいいあのキャラ…気になる謎キャラを紹介するぞ(>ω<☆)ノ

今回は『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』のアンナ・錦ノ宮ちゃん!

※メディアミックス作品のため情報はアニメやゲームなどが混在しています。
※一部ネタバレがあるので、注意してください。

 

★アンナ・錦ノ宮(あんな にしきのみや)

下ネタという概念が存在しない退屈な世界〈2〉 (ガガガ文庫)

 

★キャラクター概要

ガガガ文庫から刊行されている赤城大空氏によるライトノベル、およびそれを原作としたアニメ作品『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』に登場するキャラクターの1人。
時岡学園高等部二年生。
時岡学園生徒会会長で、生徒代表でもある少女。

容姿端麗・品行方正・頭脳明晰と3拍子揃った淑女で、狸吉が時岡学園へ進学する切っ掛けとなった。
麗しい見た目だけでなく、驚異的な身体能力も持ち柔道の有段者である。

「公序良俗健全育成法」の被害者であり、性知識が欠けていること、極端な善悪の区別を教えられていることで、「愛のために行う行為は全て正しく、正しい行為のためならば何をしても良い」という偏った正義観を持ってしまっている。
そのため「SOX」をはじめとすした下ネタテロ組織にも敵愾心を持っており、対峙した際には一切容赦せずに挑みかかっている。

ストーカー事件以降、狸吉に恋心を抱いているが、性に関する知識を持たないため恋愛感情と情欲の区別がついていない。
しかし、性行為を本能的に理解しており、自身の嫌悪する「卑猥」な行動であるにもかかわらず「事あるごとに狸吉へ性行為を試みる」など直接的な行動に出ている。

狸吉たちの正体に気づいてからは確執が生じてしまうが、藻女に籠絡され性知識を得ると同時に自らが間違ってきた事を自覚する。

後に狸吉への想いが性欲ではなく本当の意味で愛情へと変わっていっている。

 

★プロフィール

CV:松来未祐
学年:高校2年生
所属:時岡学園生徒会会長
髪型:銀のセミロングヘア
性格:品行方正

 

★作品紹介

下ネタという概念が存在しない退屈な世界
下ネタという概念が存在しない退屈な世界 2 (初回生産限定版) [Blu-ray]
ガガガ文庫より刊行中の、著・赤城大空先生、イラスト・霜月えいと先生によるライトノベル。
「公序良俗健全育成法」成立により、日本から性的な言葉が喪われた時代に抗うべく戦う下ネタテロ組織「SOX」の奮闘を描いた異色コメディ。
2015年夏にTVアニメを放送。

 

★ミニキャラスタンド紹介

下ネタという概念が存在しない退屈な世界 ミニキャラスタンド アンナ・錦ノ宮
下ネタという概念が存在しない退屈な世界 ミニキャラスタンド アンナ・錦ノ宮
『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』からアンナ・錦ノ宮の身にキャラスタンドが登場!
スタンド&ボールチェーン付きなので、立たせた状態で飾って鑑賞したり、カバンにつけて持ち歩いたり、2通りの楽しみ方が可能です!

 

★名言、迷言

「奥間君はどうですの?わたくしの、その…愛のこもったクッキーのお味は…?」
「わたくし気づいたんですの、奥間君を愛おしいと想う気持ちが最高潮に達したとき、体の内側からその気持ちが、液体となって流れ出てくることに!わたくしはこれを愛の蜜と名付けました!」

 

★関連グッズ

 


関連記事

   
ページ上部へ戻る