七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【なな百科:キャラクター紹介】『響け!ユーフォニアム』黄前久美子(おうまえ くみこ)

なな情報局の辞書、なな百科ではついつい萌えちゃうあのキャラや、かっこいいあのキャラ…気になる謎キャラを紹介するぞ(>ω<☆)ノ

今回は『響け!ユーフォニアム』の黄前久美子ちゃん!

※メディアミックス作品のため情報はアニメやゲームなどが混在しています。
※一部ネタバレがあるので、注意してください。

 

★黄前久美子(おうまえ くみこ)

きゃらスリーブコレクション マットシリーズ 「響け!ユーフォニアム」 黄前 久美子 (No.MT147)

 

★キャラクター概要

宝島社文庫から刊行されている武田綾乃氏による小説、およびそれを原作としたアニメ作品『響け!ユーフォニアム』に登場するキャラクターの1人。
北宇治高校1年生で本作の主人公。
吹奏楽部に所属し低音パートでユーフォニアムを担当している。

性格はよく言えば協調性があり、悪く言えば引っ込み思案で流されやすい。

高校入学当初はどこか冷めており悲観的であったが、中学時代からの同級生・高坂麗奈や、先輩である田中あすかや中川夏紀との邂逅を通じ、自らの想いや意識の強さを変えていくこととなる。

小学1年生のころ、姉・黄前麻美子が参加するステージマーチングショーを観て、小学校4年生の時に金管バンドに入りユーフォニアムを始めている。

中学時代にも吹奏楽において才能を発揮していたが、同じユーフォニアム担当の3年生の税委パオを差し置きコンクール出場メンバーを決めるオーディションに合格したことから、彼女との関係が悪くなり、トラウマとなっている。

高校はセーラー服に憧れ北宇治高校を選んでいる。
吹奏楽部に関して特にこだわりは無かったが、川島緑輝や加藤葉月と共に流れで吹奏楽部に入部することとなり、中学時代から引き続きユーフォニアムを担当することになる。

高校ではユーフォニアムを「なんとなく」続けていたが、吹奏楽コンクールの本番直前に新たに指定されたフレーズを外されてしまったことにより、初めて「死にたくなるほどの悔しさ」を味わっている。
そして自らのユーフォニアムを通して「特別になりたい」という真っ直ぐな向上心に目覚めることとなる。

 

★プロフィール

CV:黒沢ともよ
学年:高校1年生
身長:162cm
誕生日:8月21日(しし座)
血液型:A型
担当楽器:ユーフォニアム
趣味:音楽を聞くこと、家でダラダラすること
特技:缶のコーンスープを一粒も残さずに飲むことができる
好きなもの:卵料理、洋菓子、オムライス、ショートケーキ
苦手なもの:虫

 

★作品紹介

響け!ユーフォニアム
響け!ユーフォニアム2 1巻 [Blu-ray]
原作は武田綾乃による小説。
京都府宇治市を舞台とし、吹奏楽部に所属する高校生たちの青春模様が描かれる。
2015年にTVアニメ化され、2016年10月からは第2期が放送。

 

★関連楽曲

TVアニメ 響け!ユーフォニアム キャラクターソング vol.1
TVアニメ 響け!ユーフォニアム キャラクターソング vol.1

 

★名言、迷言

「本気で全国いけると思ってたの?」
「金賞の中から代表が選ばれるんだけど 選ばれなかった金をダメ金と言うの」
「子供で何が悪いんですか!高校生なんてまだまだガキですよ。先輩こそ、なんでそんな無理して大人ぶるんですか。全部わかってるみたいに振る舞って、自分だけが特別だって思い込んでるんじゃないんですか?実際はただの高校生なのに!」
「みんな吹きたいんだ。コンクールに出たいんだ。そんな当たり前のことを、私は、やっと理解した」

 

★関連グッズ

 


関連記事

   
ページ上部へ戻る