七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【なな百科:キャラクター紹介】『終末のイゼッタ』イゼッタ

なな情報局の辞書、なな百科ではついつい萌えちゃうあのキャラや、かっこいいあのキャラ…気になる謎キャラを紹介するぞ(>ω<☆)ノ

今回は『終末のイゼッタ』のイゼッタちゃん!

※メディアミックス作品のため情報はアニメやゲームなどが混在しています。
※一部ネタバレがあるので、注意してください。

 

★イゼッタ

終末のイゼッタ Vol.1 [Blu-ray]

 

★キャラクター概要

2016年10月より放送されているオリジナルアニメ作品『終末のイゼッタ』に登場するキャラクターの1人。
本作の主人公で魔女一族の末裔の少女。
自身の血液中に魔力が通っており、触れた物体に魔力を与える能力を持っている。

力を隠すため物語当初は祖母と旅をしていた。
しかし真実は異なり、イゼッタの体内に魔力があるのではなく、魔女の力の源は地価をが知る魔力の流れ「レイライン」を利用したもので、レイラインが無ければ魔力を行使することはできず、昔はこの秘密を知ったものは一族に処分されていた。

幼いころに住んでいた村で迫害され、殺されそうなところをフィーネに助けられたことがあり、力を恐れずに友人となってくれた彼女を心から慕っている。

ゲルマニアに捕縛されてしまい、輸送されていたところを輸送機の中でフィーネと再会。
バスラーの戦闘機隊を魔女の力を使って退け、フィーネを連れて撤退中のハンスらと合流し、姫様の国は自分が守ると宣言している。

ケネンベルクの戦闘では獅子奮迅の活躍を見せ、「白き魔女の再来」と周りから称えられている。

 

★プロフィール

CV:茜屋日海夏
髪型:紅のセミロング
種族:魔女
能力:手で触れたものに魔力を与える

 

★呼び名

フィーネ:イゼッタ
ロッテ:イゼッタ様、魔女様

 

★作品紹介

終末のイゼッタ
終末のイゼッタ Vol.1 [Blu-ray]
ゲルマニア帝国は欧州の支配を目論み、1939年隣国リヴォニアに侵攻を開始する。
翌1940年侵略の矛先はエイルシュタット公国にも向けられようとしていた。
公国の公女・フィーネは、ゲルマニアと敵対するブリタニア王国の要人と会談に向かうが、ゲルマニアの憲兵に見つかり機内で追い詰められてしまう。
その時、謎のカプセルが突然開き中から少女・「イゼッタ」が現れる。

 

★名言、迷言

「姫様!手を!」
「姫様…ほんとに姫様だ」
「大切なものを守るためなら…おばあちゃんも許してくれると思います」

 

★関連グッズ

 


関連記事

   
ページ上部へ戻る