七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

新アニメ『幼女戦記』の放送開始は2017年1月! 主人公“鬼畜幼女”ターニャの声は悠木碧さん

現在、TVアニメが制作されている『幼女戦記』の放送時期が2017年1月に決定しました!

20161116_youjo-senki03
20161116_youjo-senki04
20161116_youjo-senki05
20161116_youjo-senki06
20161116_youjo-senki07
20161116_youjo-senki08

『幼女戦記』は、カルロ・ゼン先生が小説投稿サイト「arcadia」で連載していたWEB小説。
タイトルから受ける印象とは異なり、本格的かつ重厚な戦記ファンタジーが描かれている本作は、ネット上で絶大な支持を獲得。
2013年にはエンターブレインより篠月しのぶ先生がイラストを担当した書籍版が発売され、現在までに6巻が刊行されています。

 

20161116_youjo-senki01
(画像:TVアニメ「幼女戦記」公式WEBサイトより)©カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

先日公開された新キービジュアルは、「萌えアニメ」とは一線を画した世界観をストレートに表現したデザインとなっており、大きな話題に。
そして今回、そのビジュアルにも描かれている主人公「ターニャ・デグレチャフ」のアニメ版における担当声優が悠木碧さんに決定したことも発表されました。

 

20161116_youjo-senki02
(画像:TVアニメ「幼女戦記」公式WEBサイトより)©カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

エリートサラリーマンが転生し、金髪碧眼の幼女となった異色の存在である彼女。
その類い稀な才能によって、魔法の存在する異世界「帝国」でメキメキと頭角を現わし、将校としてその辣腕を振るう姿がアニメでどう描かれるのか、要注目です!

 

★告知動画

TVアニメ『幼女戦記』特報PV

(TVアニメ「幼女戦記」公式WEBサイトより)©カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

 

★作品紹介

幼女戦記
幼女戦記 (1) Deus lo vult

エンターブレインより刊行されている、著・カルロ・ゼン先生、イラスト・篠月しのぶ先生による小説作品。
徹底したリアリストであったエリートサラリーマンの主人公が、魔法と硝煙漂う異世界「帝国」で孤児の幼女ターニャ・デグレチャフとして転生し、その突き抜けた効率主義と出世至上主義をもって軍人としての才能を発揮させていく戦記ファンタジー。
2017年1月よりTVアニメを放送。

 

★ななコメント

この『幼女戦記』はかなり尖った内容で、アニメ化されることで大きなブームを生み出すかもしれない期待作です!

「幼女」という要素はエッセンス程度で、中身はかなり本格的な戦記モノなので、この手のジャンルが好きな人にもおすすめだぞ(・v・☆)

突き抜けた主人公が織り成す物語が見たい、という期待に120%応えてくれるアニメになると思います♪

 


関連記事

   
ページ上部へ戻る