七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【結城友奈は勇者である】8話 絶望&絶望!乃木園子の登場、フラグ回収と「鷲尾須美は勇者である」の繋がり

うわぁぁぁあああフラグ回収したけどこの展開は欝展開すぎるぞぉおおおおお
七星ななです(・v・☆)

アニメ「結城友奈は勇者である」8話、感想いくぞ☆

【ネタバレ注意】
※アニメ「結城友奈は勇者である」8話のネタバレがあります。

 

★「神の祝福」

後遺症が治らないまま、再び大赦からの呼び出しに不安を隠せない勇者部一同。
不安なまま、バーテックス戦へ。
謎の性質のバーテックス、そして満開しないと倒せない状況。
誰もが同じ不安を抱える中、悩んでる隙に友奈は2回目の満開を行い、バーテックスを倒してしまう。
08_001
08_002
08_003
08_004
08_005
08_009
(画像:「結城友奈は勇者である」公式WEBサイトより)©2014 Project 2H

 

戦闘終了後、友奈と美森だけみんなとは違う場所に飛ばされる。
真珠様が奉られている大橋に。
そこで会ったのは乃木園子だった。
08_006
(画像:「結城友奈は勇者である」公式WEBサイトより)©2014 Project 2H

乃木園子はかつて勇者だったこと、後遺症は治らないこと、怪我とは違う症状のため体ごとなくなってしまったこと…そして、そんな状態でも死ねないことを話す。
美森のことを”わっしー”と呼ぶが美森は何も思い出せない。
勇者の力は少女たちしか得られない、そして大赦は乃木園子に逆らえない。
『同じ思いをしてほしくないから』
そういった理由で友奈と美森を涙ながら呼び出した乃木園子。
友奈たちは絶望を隠しきれず、悲しむ美森を励ます友奈だった…

 

★8話の鳥肌シーン

8話の鳥肌シーンは乃木園子との対面シーンラストシーン
08_008
08_007
08_13
©2014 Project 2H

ごめんなさい。
いつもは”萌えポイント”なのですが、今回ばかりは”鳥肌シーン”にさせていただきました…
だって、東郷さんと友奈ちゃんのラストシーンですら…萌え、ではなく悲しさが…・゜・(ノД`☆)・゜・
あああ、乃木園子(のぎそのこ)ちゃんがこんな風に出てくるなんて、これはショック大きいし、悲しい鳥肌だぞ…

 

★8話の感想

『結城友奈は勇者である』の2年前となる作品『鷲尾須美は勇者である』
8話で示唆されたのは、鷲尾須美が東郷美森と同一人物であること。
ということは、美森の足の不自由さと記憶はバーテックスによって奪われた…ということになる。
声が戻らない樹は歌手にはなれないし…。
絶望しか見えない次回と、気になる今後の展開…だぞ!!!

関連記事

   
ページ上部へ戻る