七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【結城友奈は勇者である】9話 真実とは残酷だ…叶わない樹の夢に風先輩バーサク状態!風VS夏凜!荒れる勇者部

風先輩の顔が衝撃的すぎた9話…
七星ななです(・v・☆)

アニメ「結城友奈は勇者である」9話、感想いくぞ☆

【ネタバレ注意】
※アニメ「結城友奈は勇者である」9話のネタバレがあります。

 

★「心の痛みを判る人」

友奈と美森は、前回乃木園子から聞いた話を風先輩に話す。
風はその場では確証が無いと言い、内容を完全に信じない。
妹のことを考え、不安に思うが、大赦からも返信は変わらない。
そして、美森は園子の話の真偽のために、自殺を何度も繰り返す。
友奈と風の前で、どれも必ず精霊に守られて死ねなかったことを、美森は自分の首を刀で振り落とし実演して証明する。
09_07
09_08
09_09
09_10
09_11
(画像:「結城友奈は勇者である」公式WEBサイトより)©2014 Project 2H

 

妹の樹の声が治らないことにショックを隠しきれない風が自宅へ帰ると、レコード会社から樹のボーカルオーディション一次審査合格の連絡がある。
そして、樹の部屋で樹の将来の夢、勇者部への想い、まだ声が出ていた頃の歌を聞いて衝撃を受ける。
怒りを抑えられない風は勇者に変身して、大赦を壊しに向かう。
丁度、大赦から勇者部メンバーについて連絡を受けた夏凜は風を止めに入るが、何も知らないため事情を理解できず戦闘となってしまう。
間に入った友奈がその場を収めようと2度目の満開をしてしまう。
友奈によってその場の事態はおさまったが…?
09_12
09_02
09_05
「結城友奈は勇者である」公式WEBサイトより)©2014 Project 2H

 

★9話の注目シーン

9話の注目シーンは美森の自害シーン、バーサク状態の風先輩
09_01
09_04

09_03
「結城友奈は勇者である」公式WEBサイトより)©2014 Project 2H

これは衝撃的すぎる2シーン。
美森の行動は記憶を無くしたこともあり、真実を知りたい故の行動とも見られるけど、確信的なものを既に感じていたから死んだのでは…?
美森の1話からの勇者に対する疑心は、偶然ではなかったはずだぞ(・v・☆;)

バーサク状態の風先輩は相手が何も知らない事も関係なく破壊していこうとしていて…
これは勇者部の誰でもありえる状態なんだなーと思いました…。
友奈ちゃんいなかったら、夏凜が満開していたのかな?

 

★9話の感想

真実が明らかになり、視聴者が期待していた鬱展開が怒濤の如く訪れています…!
友奈ちゃんの2度目の満開による後遺症は?
夏凜が満開しないことには何か意味が?
美森の今後の行動とは?
見逃せない部分ばかりのゆゆゆ…勇者部の未来が不安だぞ(>_<☆)

関連記事

   
ページ上部へ戻る