七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

スーパー声優人! 野沢雅子さんが『ドラゴンボール』ゲームで2つのギネス世界記録に認定

『ドラゴンボール』孫悟空役など数多くの役で知られる声優・野沢雅子さんが、2つのギネス世界記録に認定されました!

今回認定を受けたのはいずれも『ドラゴンボール』のゲームに関する記録で、「ひとつのビデオゲームのキャラクターを最も長い期間演じた声優」および「ビデオゲームの声優として最も長く活動した人物」の2項目。
初めてキャラクターボイスが採用された1993年3月発売のスーパーファミコン用ソフト『ドラゴンボールZ 超武闘伝』から、2016年11月発売のPlayStation®4用ソフト『ドラゴンボール ゼノバース2』までの23年と218日、孫悟空のキャラクターボイスを担当し続けたことがギネス世界記録に認定されました。

 

ドラゴンボール ゼノバース2 - PS4
ゲゲゲの鬼太郎ゲゲゲの鬼太郎(1985年)

野沢雅子さんは1960年代に声優業をスタート。
『ゲゲゲの鬼太郎』鬼太郎、『ど根性ガエル』ひろし、『銀河鉄道999』鉄郎など数々の人気キャラクターを演じ、1989年からはアニメ『ドラゴンボール』の孫悟空役を担当。
その後、悟空の息子である悟飯、悟天も演じ、現在放送中の『ドラゴンボール超』でも変わらない声を披露し続けています。

 



1月31日には、東京・バンダイナムコエンターテインメント本社にて認定式が開催。
2月5日からスタートする『ドラゴンボール超』新章よりOP曲「限界突破×サバイバー」を担当する氷川きよし氏が駆けつけ、野沢さんの成し遂げた前人未踏の記録を讃えました。

 

★声優紹介

野沢雅子

(画像:「青二プロダクション」公式WEBサイトより)©2016 AONI ALL RIGHTS RESERVED.

青二プロダクションに所属する女性声優。
1963年に放送を開始した『鉄腕アトム』でアニメ声優デビュー、以降数多くの作品で主役を演じ、特に1989年から担当する『ドラゴンボール』孫悟空はギネス世界記録にも認定されるなど世界中から愛されるキャラクターとなっている。
その他の代表作は『ゲゲゲの鬼太郎』鬼太郎、『銀河鉄道999』星野鉄郎、『怪物くん』怪物太郎など。

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

 

★ななコメント

野沢雅子さん、ギネス認定おめでとうございます!

80歳になられた今も現役で、しかも衰えが一切なく演じ続けているその自己管理能力の高さも、世界記録に匹敵するスゴさだと思うぞ(>ω<☆)ノ

これから始まる新章では、悟空さんだけじゃなく悟飯くんの活躍も期待したいですね♪

 


★記事を読んでコメント

記事の感想など、お気軽にコメントください!!>(・v・☆)

 

関連記事

   
ページ上部へ戻る