七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【なな百科:キャラクター紹介】『Fate/Apocrypha』バーサーカー/フランケンシュタイン

なな情報局の辞書、なな百科ではついつい萌えちゃうあのキャラや、かっこいいあのキャラ…気になる謎キャラを紹介するぞ(>ω<☆)ノ

今回は『Fate/Apocrypha』のバーサーカーこと、フランケンシュタインちゃん!

※メディアミックス作品のため情報はアニメやゲームなどが混在しています。
※一部ネタバレがあるので、注意してください。

 

★バーサーカー/フランケンシュタイン


(画像:「TYPE-MOON」公式WEBサイトより)©TYPE-MOON / FGO PROJECT

 

★キャラクター概要

TYPE-MOONのアドベンチャーゲーム『Fate/stay night』のスピンオフ小説、東出祐一郎氏による『Fate/Apocrypha』に登場するキャラクターの1人。
「黒」の陣営に属するバーサ―クラスのサーヴァント。
虚ろな雰囲気で白いドレスを着た少女。

真名は「フランケンシュタイン」、ヴィクター・フランケンシュタインの生み出した人造人間である。

「狂化」ランクが低いため、言語能力こそ失われているがバーサーカーとは思えないほど高度な思考能力を有しており、簡単なコミュニケーションなら取ることができる。
また、聖杯大戦が終結した後のことも想定しているなど冷静沈着で思慮深い。

固有スキルである「ガルバニズム」によって魔力と生体電流の自在な転換、蓄積が可能で、魔風、魔光などの実体のない攻撃を電気へ変換し放電することで無効化することができる。
さらに周囲にある余剰魔力を吸収することで、半永久的に戦い続けることが可能である。

赤のセイバーとの戦いで苦戦を演じ、カウレスの令呪によるバックアップで捨て身の「磔刑の雷樹」を敢行して消滅した。

 

★プロフィール

CV:野中藍
クラス:バーサーカー
マスター:カウレス・フォルヴェッジ・ユグドミレニア
真名:フランケンシュタイン(フランケンシュタインの怪物)
身長:172cm
体重:48kg
スリーサイズ:74/53/71
性格:冷静沈着
誕生日:11月の物寂しい夜
属性:混沌・中庸
イメージカラー:象牙色
出典:創作
特技:自家発電
好きなもの:節電
苦手なもの:電気の無駄遣い
天敵:“赤”のセイバー

 

★呼び名

カウレス・フォルヴェッジ・ユグドミレニア:フラン、バーサーカー
“黒”のライダー:フラン

 

★宝具

乙女の貞節(ブライダルチェスト)
ランクCの対人宝具。
樹の枝状に放電流を纏うメイス。
周囲の滞留魔力を吸収して己のものとするため、マスターに負担が少ない。
先端に付いた球体部分はフランケンシュタインの心臓そのものである。

磔刑の雷樹(ブラステッド・ツリー)
ランクD~Bの対軍宝具。
「乙女の貞節」を地面に突き立てて放電を放つ。
電気は大樹のシルエットで降り注いで拡散し、敵を追尾する。
全リミッターを解除して使用した場合、使用者は生命活動を停止してしまうことになるが、低確率で第二のフランケンシュタインの怪物を生む可能性がある。

 

★名言、迷言

「ナアアアアアアアアアアアアアアアア―――――オゥッ!!」
「わたしと、いっしょに、こい。『磔刑の――――雷樹』ィィィィィ!」
「ゥゥ……ゥゥ……。チョコ……ゥゥ………ゥゥ……ォィシィ……? ゥァゥ……ゥゥ……ェヘヘ……ゥ~♪」

 

★関連グッズ

関連記事

   
ページ上部へ戻る