七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【新妹魔王の契約者】エッチなシーンが盛りだくさん!?2015年の最新冬アニメ、キャストインタビュー紹介!

2015年1月より放送開始のテレビアニメ「新妹魔王の契約者」より、キャストのみなさんからのコメントが到着しました!

20140811_shinmaimaou_01
(画像:「新妹魔王の契約者」公式WEBサイトより)(c)2015上栖綴人・大熊猫介/KADOKAWA 角川書店刊/「新妹魔王の契約者」製作委員会

 

★コメント紹介

20150105_shimmaimaounotestamen01
(「新妹魔王の契約者」公式サイトより)(c) 2015 上栖 綴人・Nitroplus / KADOKAWA 角川書店刊/「新妹魔王の契約者」製作委員会

後列左より……福原香織さん、ブリドカット セーラ 恵美さん、浅川悠さん、杉田智和さん
前列左より……中村悠一さん、朝井彩加さん
――本作に最初に触れたときの印象を教えてください。

中村:
率直なところでは、いやらしいやつだと思いました(笑)。
そう思いましたが、実際に作品を知っていくと、しっかりとした物語の中でヒロインとの関係や派手な戦闘などが描かれていくんだなと感じたんです。
あくまでもシリアスな展開の中に少しサービスシーンが入っている作品なんだなと強く感じました。

朝井:
公式ページにあるコミカライズを最初に読んだら、続きがすごく気になって原作小説を買ってしまいました。
何よりファンタジー要素に惹かれましたし、かなりドキドキする要素もあって、とても楽しかったです。

福原:
とにかく夢がたくさん詰まっている作品だと思いました。
熱い物語展開もそうですが、ちょっとエッチなシーンも戦闘シーンも台詞も、あらゆる場面にいろんな夢が詰まっているんです。
そこが面白いなと思いました。

ブリドカット:
最初は原作の表紙に描かれているカッコいい男の子とかわいい女の子の意味深な表情に惹かれたんですが、実際に読んでみると、これがなかなかハードな展開で(笑)。
とてもドキドキしました。
ちょっとエッチなシーンの理由付けも面白なと思います。

浅川:
タイトルから何となくちょっとエッチな内容を想像したら、まさにその通りで(笑)。
中二病っぽいところもいいですよね。
まず、刃更という名前がすごい。
それから、女の子たちが一生懸命戦う姿をかわいいなと思いながら見守っています。

杉田:
主演の声優さん(中村さん)が電子書籍で原作を読んでいるところを横目に見たのが最初です。
その時は……あとで自分もこっそり買おうと思いました。
そして、買って正解でした。

 

――皆さんが演じるキャラクターについて、魅力や共感できるポイントなどを教えてください。

中村:
若干向こう見ずな正義感が魅力です。
昔から誰かを守ろうという意志が根付いている子なのかなと思います。
共感は……あまりしないですね(笑)。
できれば余力がある時、たとえば1万円持っている時に千円ならおごれるかなというタイプなので(笑)。
作品を通じて、彼の生き方を学びたいです。

朝井:
澪の魅力は感情に素直なところです。
嫌なことははっきり嫌と言いますし、刃更や柚希に対する思いもストレート。
刃更への気持ちが高まって、甘えたいという思いがつい出てしまうこともあって。
そんな喜怒哀楽が激しく、表情がころころ変わるところがかわいいと思います。

福原:
万理亜はしっかりとした一面といたずらが過ぎる面という二面性があり、そのギャップが面白いなと思います。
刃更や澪に対するリミッターが外れた行動にも注目していただきたいです。
もう1つの魅力は……お尻(笑)。
こちらにもぜひ注目してください!

ブリドカット:
柚希は感情を表に出しすぎない、何かを秘めた雰囲気が素敵だなと思います。
かといって、無口なのは決しておっくうだからというわけではないんです。
その理由も明かされていくので楽しみにしていてください。
共感するというより、私は結構おしゃべりが好きなので、寡黙なところに憧れます(笑)。

浅川:
千里には誰かを癒やしたいとか憧れのお姉さんになりたいという気持ちはまったくないのでしょうけど、勝手に子どもたちが癒やされたり、憧れたりしてくれるんです。
そんな大人なところが魅力ですね。

杉田:
演じている役者にはない、自分の強さに対する自信ですね。
常に状況を楽しむ余裕を残していて、今すぐにもでも結論を出すことができるにも関わらず、楽しむことを決して忘れません。
演じる側が彼に翻弄されるという状況を楽しめるようになれればいいなと思います。

 

――演じる上で意識しているポイントを教えてください!

中村:
1話の収録の際、テストのあとに言われたのが「もっとニュートラルにしてください」とのことでした。
特殊な人間ではありますが、あくまでも普段は普通の学生ということなんでしょうね。
あまりそういった役を演じたことがなかったので、そこを意識して演じています。

朝井:
いつも万理亜にそそのかされて、疑問も持たずにエッチなことをするという素直さがあるので(笑)、その素直さは前面に出していきたいところですね。
刃更に対しては、妹として甘える面と異性として意識する部分の話し方に差をつけるようにしています。

福原:
しっかりしている部分とリミッターが外れた部分の演じ分けに気をつけています。
とにかく切り替えが早いんです。
たとえば刃更をいじっていたかと思うと急にスネた表情を見せる、なんてこともあって。
万理亜の表情や話し方の変化に置いていかれないように、一生懸命ついていきたいです。

ブリドカット:柚希の根底には刃更への思いがあるので、無口だからこそ1つ1つの言葉にその思いを乗せるようにしています。
のちのち柚希にもお色気シーンが出てきたり、リミッターが外れるシーンが出てきたりするので(笑)、そこでうまく芝居を切り替えられたなと思います。

浅川:
皆さんが演じられているキャラクターより年上のキャラクターですが、あまり過保護に心配するタイプではないので、それぞれを1人の大人として扱うイメージで臨んでいます。
変にお姉さんになりすぎず、かといって優しさも忘れずといったところでしょうか。

杉田:
常に自信に満ち溢れている人なので、たとえば声の大きさや相手の台詞を食うような話し方は特に意識しています。
少しわざとらしい話し方も、のちのちの布石になるのではないでしょうか。
不気味な雰囲気を出せていけたらいいですね。

 

――放送を心待ちにしているファンにメッセージをお願いします!

中村:
サービスシーンもありますが、ストーリーベースでしっかり物語が進んでいきますので、ぜひ物語に注目していただきたいですね。
熱いバトルシーンも多めに描かれていると思うので、そちらも期待してください。

朝井:
一読者として『新妹魔王の契約者』を読んでいるので、原作のイメージを損なわないような芝居を心がけていきたいと思います。
原作ファンの方、一緒にアニメーションとして動くところを楽しみに待ちましょう!

福原:
私自身の立ち位置が中村さんや杉田さん、浅川さんといった先輩方とブリちゃんと朝井ちゃんの間のポジションなので、いい中和剤になれたらなと思います。
アットホームなアフレコ現場にしていくので、その温かい空気感が作品から視聴者の皆さんに伝わったら嬉しいです。

ブリドカット:
注目はお色気と言いたいところですが(笑)、原作にもあるとおり、とにかくバトルシーンがカッコいいので、刃更たちの戦いに注目していただきたいです。
お色気とバトル、二重のドキドキ感が味わえる作品です!

浅川:
実はオーディションの時にかつてお世話になったディレクターさんに久しぶりにお会いしたんです。
この間、お前は何をやっていたんだって思われないかと、ずっと緊張していました。
幸いお褒めの言葉をいただき、受かることもできましたので、自分にとっていいターニングポイントの作品になるのではないかと思っています。
しっかり向き合っていきますので、よろしくお願いします。

杉田:
最初は若い男の子役ということで、どうしようと思っていたところ、主演の声優さんの名前を見てとても安心しました。
彼に全力でぶつかっていきたいですし、向こうからもぶつかってきてほしいです。
宜しくお願いします。
(「新妹魔王の契約者」公式サイトより)(c) 2015 上栖 綴人・Nitroplus / KADOKAWA 角川書店刊/「新妹魔王の契約者」製作委員会

 

★ななコメント

インタビューではエッチなシーンが多めとの発言が目立ちますけど……実際多いんです!
特に序盤は畳みかけるようなエッチ、エッチ、エッチ…エッチなシーンΣ(・v・☆)
とはいえ、ファンタジーバトル作品としてもしっかり支持されているので、そちらの方にも注目だぞ(>ω<☆)ノ

関連記事

   
ページ上部へ戻る