七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

劇場版『ドラゴンボールZ 復活の「F」』バトルソングにマキシマムザホルモンの「F」が使用!

マキシマム ザ ホルモンの楽曲「F」が、劇場版『ドラゴンボールZ 復活の「F」』のバトルソングとして劇中で使用されることになりました!

20150106_dragonballz01
(「マキシマム ザ ホルモン」公式WEBサイトより)©バードスタジオ/集英社 ©「2015 ドラゴンボールZ」製作委員会

「F」は、2008年にダブルA面シングルとしてリリースされ、オリコンシングルチャートで2位を獲得した『爪爪爪/「F」』の2曲目。
本作を作詞作曲したマキシマムザ亮君が幼少の頃から大好きなドラゴンボールのフリーザをイメージした楽曲です。
後にドラゴンボールの著者、鳥山明先生にもその事が伝わり、ライブに足を運ぶようになりました。
現在ではライブやフェスでの定番曲にもなっています。

 

鳥山明先生のコメント~一部抜粋~
今回、フリーザが復活します!
「F」はフリーザのFです。
これは、映画の次回作の話をあれこれ悩んでいた頃、 友人を通じて知り合った「マキシマム ザ ホルモン」 の「F」という曲を聴いてひらめいたアイデアです。
「F」はフリーザのことを、えげつなくもカッコよく歌った曲です。
もちろん、ただ復活しただけじゃないので、すさまじい対戦をどうぞお楽しみに!

 

★作品・アーティスト概要

ドラゴンボールZ 復活の「F」
2015年4月18日(土)公開予定の「ドラゴンボール」最新作。
作中で最も人気の高い悪役として知られるフリーザが復活すると大々的に報じられ、大きな反響を生んでいます。

 

マキシマム ザ ホルモン
1998年に結成、2004年にシングル「ロック番狂わせ/ミノレバ☆ロック」でメジャーデビュー。
2006年発売の「恋のメガラバ」で注目を集め、2007年発売のオリジナルアルバム「ぶっ生き返す」が大ヒットを記録。
「F」も収録されている2013年発売「予襲復讐」も30万枚の高セールスを記録するなど、日本のハードコア系ミクスチャーバンドとしては異例の人気を誇っています。

 

★ななコメント

「F」は、歌詞にもフリーザやドラゴンボールを想起させるフレーズが数多く登場します!
今回リリースから7年の時を経て、ついに公式ソング化☆
曲調は激しくスピーディーなので、バトルシーンにはピッタリだぞ。:.゚ヽ(´∀`☆)ノ゚.:。 ゜

関連記事

   
ページ上部へ戻る