七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【なな百科:キャラクター紹介】『Fate/Apocrypha』六導玲霞(りくどう れいか)

なな情報局の辞書、なな百科ではついつい萌えちゃうあのキャラや、かっこいいあのキャラ…気になる謎キャラを紹介するぞ(>ω<☆)ノ

今回は『Fate/Apocrypha』の六導玲霞ちゃん!

※メディアミックス作品のため情報はアニメやゲームなどが混在しています。
※一部ネタバレがあるので、注意してください。

 

★六導玲霞(りくどう れいか)


(画像:「アニメ(Fate/Apocrypha)」公式WEBサイトより)©東出祐一郎・TYPE-MOON / FAPC

 

★キャラクター概要

TYPE-MOONのアドベンチャーゲーム『Fate/stay night』のスピンオフ小説、東出祐一郎氏による『Fate/Apocrypha』に登場するキャラクターの1人。
「黒」のアサシンのマスターの女性。

元々は新宿で生活する娼婦だったが、アサシンを召喚しようとした魔術師・相良豹馬に暗示をかけられ利用されていた。
相良豹馬に召喚の儀式の生贄として殺害されそうになるも、玲霞の「死にたくない」という強い願いにアサシンが反応し玲霞のサーヴァントとして現界。
彼女の治療を受けることで一命を取り留めている。

「死にたくない」という願いは既に叶っていたが、「母親の胎内に還りたい」というアサシンの願いを叶えるために正式に彼女のマスターとして聖杯戦争への参加を決意する。

一般人のため魔術師としての才能は皆無だがアサシンとの関係は最高であり、まるで親子の様な関係を結んでいる。

昔は裕福な家庭で生活していたが、養子に出された先で虐待を受けていた。
そのためか「生きる」という自覚が希薄で、自他ともに命に価値を見出せておらず、自分以外の誰も悲しまず、罪にならないのなら人を殺すことにまったく躊躇がない。

 

★プロフィール

CV:中原麻衣
身長:164cm
体重:53kg
スリーサイズ:90/62/89
血液型:B型
イメージカラー:灰緑色
特技:料理
好きなもの:平穏
苦手なもの:肉体的な痛み
サーヴァント:黒のアサシン(ジャック・ザ・リッパー)
天敵:チャラい男

 

★作品紹介

Fate/Apocrypha
Fate/Apocrypha vol.1(書籍)
東出祐一郎氏が描く『Fate/stay night』のスピンアウト小説。
第二次世界大戦前夜に執り行われた第三次聖杯戦争での出来事が原因で、世界中で小規模な亜種の聖杯戦争が起きているという原作の並行世界が舞台。
「黒」の陣営と「赤」の陣営、二つの勢力によって7対7の「聖杯大戦」が展開される。

※『Fateシリーズ』の詳細はこちら
【なな百科:作品紹介】『Fateシリーズ』

 

★名言、迷言

「——生きたい。」
「ええ、そうよ。きっと私は貴方のことを愛していたわ。でも、裏切ったのだから仕方ないわね。本当に仕方ないの。ごめんなさいね、貴方のことは、大切な思い出にして生きていくわ」
「とても綺麗なお家よね。でも、駄目よジャック。ここは魔術師さんのお家でしょう?……通信網が破壊されたなら、まずはそこを調べに来るわ」
「二つの令呪を以て、命じます。『私がいなくても』『あなたは大丈夫』……ジャック」

 

★関連グッズ

関連記事

   
ページ上部へ戻る