七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【艦隊これくしょん -艦これ-】アニメ絶賛放送中!女性onlyなキャストコメントを紹介!艦娘たちの魅力とは!?

2015年1月よりスタートしたテレビアニメ「艦隊これくしょん -艦これ-」より、キャストのみなさんからのコメントが到着!

20150108_kancolle01
(画像:「アニメ『艦隊これくしょん -艦これ-』」公式WEBサイトより)©2014 「艦これ」連合艦隊司令部

 

★コメント紹介

質問1:ご自身が演じられる艦娘(たち)のどんなところに魅力を感じますか?

上坂すみれさん:
吹雪はとにかく真っ直ぐで、最初は失敗もしてしまうけれど、意欲は十分!という根性がとても清々しいです。
また、艦娘たちは個性派揃いですが、ある意味「普通の子」である吹雪がいることでよりそれぞれの艦娘が引き立っているなあ、と感じます。

藤田 咲さん:
アニメの赤城はキリッとしたお姉さんで、皆を導く立場を任されていて、さすが正規空母!!という部分がしっかり描かれています。
もちろん、赤城さんのお茶目な部分も描かれていますので、そのギャップが魅力だな~と思ってます♪

井口裕香さん:
加賀さんは、ゲームでもアニメでも共通して、クールなところが魅力だと思います。
そしてアニメでは、「赤城さん好き。」な気持ちがより強くなっている気がします。
どうやら、ツンデレっぽいらしいです。

佐倉綾音さん:
誰一人被らない豊かな個性です。

東山奈央さん:
あらゆる角度から眺めてみて、やはり…特徴的だなと思わされるところですね。
見た目やポーズは、おそらくシルエットにしても誰だかすぐ分かりますし、そのディテールにも理由があるので愛着が湧きますよね。
セリフについても全く同じで、1行書いてあるだけで誰の言葉か分かるというのはすごいことだと思います。

大坪由佳さん:
艦艇の特徴や史実をかわいく忠実に表している所。
姉妹艦ごとに違う衣装も最高ですね!

日高里菜さん:
複数キャラ担当させて頂いていますが、アニメでメインキャラとなる睦月でいうと、とても友達想いでまっすぐな所に魅力を感じます。

洲崎 綾さん:
アニメに登場するキャラで言うなら、第六駆逐隊は個性豊かな少女が4人集まってキャッキャしてるのが最高に可愛いです!!

種田梨沙さん:
個性の違う複数の艦を演じているのですが、どのキャラにもこだわりと思い入れがあります!
一番の魅力は、戦闘に勝利し、提督と心を通わせた後の表情の変化でしょうか。
戦うだけじゃない、艦娘ならではの反応が可愛らしくてたまりません!

 

質問2:アニメ『艦これ』の物語や世界観について、魅力を感じる部分を教えてください!

上坂すみれさん:
とにかく、吹雪が輝いていて嬉しいです!!!
艦娘たちの日常と戦いの両方が楽しめますし、鎮守府についての細かい描写もあり、ぐっとイメージも膨らみました。

藤田 咲さん:
今までゲームの中でなんとなくクリックしていた出撃や、入渠や、遠征などが映像になるとこうなるのか~としみじみしました。
出撃までに艦娘たちがどう思っているのか、どう感じているのか…など ゲームにフィードバックすると感慨深いです。
そして、みんなとにかく可愛いので、ぜひ動くみんなをみていただきたいです!

井口裕香さん:
やっぱり、アニメになってキャラクターたちが動き!喋り!戦う姿は、とても素敵です。
艦隊が少女たちで、ははーん!こうやって戦いのシーンを描くのですね!すごい!かっこいい!!!と思いました。

佐倉綾音さん:
ゲーム『艦これ』で皆様が広げてくれた世界観に付加価値をつけた意欲作です。

東山奈央さん:
1人1人の艦娘がかわいくて、とっても新鮮です!
仕草や言葉遣いも、あぁ…こういう風に動くんだ!こういう風に喋るんだ!という発見がいっぱいなんですよね。
今まで大切に育ててきた艦娘ならなおさら、あの子の新しい一面を発見!という嬉しい気持ちの連続になるはずです。
また、ゲームの中では個々に存在していたキャラクターたちが繋がっていくのも面白いです。
お互いに何と呼び合っているのか、皆さんにも楽しみにしていただきたいポイントです。

大坪由佳さん:
実在していた艦艇が可愛く描かれている所と、ゲーム内では絡みのないキャラ同士の掛け合いも魅力的です!

日高里菜さん:
ゲームの中では絡むことのなかったキャラクターたちが会話をしている姿を見るだけでも感動してしまいました。
そして、吹雪を中心としたキャラクターたちの成長していく姿も魅力の一つだと思います。

洲崎 綾さん:
吹雪の成長や、艦娘同士の心のきずなに魅力を感じます!

種田梨沙さん:
ゲームの中では描かれなかった艦娘同士のやり取りが、アニメではしっかりと描かれているので嬉しかったです。
それぞれの性能の差や、艦これならではの戦闘シーン、少女の姿をしているからこその悩み等、キャラクターの細かい魅力がつまっています。

 

質問3:アフレコの感想や、現場の雰囲気を教えてください!

上坂すみれさん:
キャラクターの多さに比べて圧倒的少人数でアフレコしているのがなんだか面白いです。
兼ね役が多いと使うエネルギーも多いのか、いつも誰かしら何かを食べている気がします。

藤田 咲さん:
女性ばっかりの現場なのでにぎやかです!
演じる役が多い子もいるので、アフレコが始まると独特な緊張感が漂ってます。(笑)

井口裕香さん:
戦う少女たち!とても華やかです!!!
そして、皆さん兼ね役(いや、どれも本役!)がたくさんで大変そうです。(笑)

佐倉綾音さん:
出番が多いと、前日緊張で寝付けません。
そんな作品は久しぶりです。
現場では、ひたすら集中力と喉の持久力が試されます。

東山奈央さん:
和やか、かつ、冷静という感じでしょうか。
アフレコはもちろんお芝居の場ではありますが、感情に没頭するだけでは不十分というか…、改めて冷静さを要する作業だなということを艦これの現場ではことさら強く感じています。
例えば、艦これならでは「役の切り替え」だったり。
それぞれの役者さんの職人芸を見ているような、何とも贅沢な空間ですね。

大坪由佳さん:
登場キャラクターは多いのにキャストが少ない!!!
一人何役も演じているので、皆さん本当にすごいな・・・と尊敬の眼差しで見守っています。
自分との掛け合いは面白いですね。

日高里菜さん:
やはり一人がいくつかのキャラを担当するということで、より集中しながらアフレコに挑んでいます。
収録の仕方も特殊で、シーンごとに細かく区切りながら行っています。

洲崎 綾さん:
アットホームで和やかな雰囲気です!

種田梨沙さん:
複数の艦の声を担当されてる方も多いので、自分と自分の掛け合いみたいな事が起きているのがとても印象的でした。
大井と北上の掛け合いが、一人なのに二人の世界で特に面白かったです。(笑)
みなさんのキャラへのこだわりも感じるアフレコ現場でした。

 

質問4:担当されている艦娘をそれぞれ演じるうえで心掛けていることはありますか?

上坂すみれさん:
私は今のところ吹雪のみ演じているので、兼ね役がない分吹雪の色々な表情を引き出せるようにと心掛けています。
もし兼ね役があったら…はい、頑張ります!

藤田 咲さん:
吹雪が憧れる先輩という立場なので、憧れの対象となれるようにかっこいい所、強い所、凛々しい所…細部に気を使っています。
あとは何事も一生懸命な赤城を楽しく演じていればいいかな、と思うので毎回のアフレコを楽しんでいます☆

井口裕香さん:
スタッフさんから、加賀さんのクールなところが、あまりキツくなりすぎないように、という注意をいただきました。
気をつけています!(>_<)

佐倉綾音さん:
声の使い分けに気を取られがちなのですが、一人一人の状況の整理や心情の把握など、お芝居としての成立を蔑ろにしないように心掛けています。

東山奈央さん:
皆さんに遊んでいただいているゲームの音声は、今から2年前に収録したものなんです。
提督の皆さんは、プレイされている中でおそらくその声を何度も聞いて頂いていると思うので、そのキャラクターのイメージを大事に演じていきたいと思っています。
一方で、過去の自分の物真似にならないように、せっかく動くキャラクターたちにふさわしい、新しいお芝居をつけてあげられたらいいな、と思っています。

大坪由佳さん:
大井がゲームよりもさらに刺々しいキャラクターになっているので、それを包み込むような北上を演じるように気をつけています。
特にこの二人は作中の賑やかしキャラなのでほのぼの演じさせていただいてます。

日高里菜さん:
ゲームでは一人一人で収録を行いますが、アニメではたくさんのキャラクターと関わるので、ゲームでのキャラクター性は維持しつつもキャラクターの表現の幅は広げていけたらいいなと思っています。

洲崎 綾さん:
自分の担当するキャラ同士の台詞の掛け合いも多いのですが、声の違いを明確にしようというよりは、キャラの個性を大切にしようという意識で演じています。

種田梨沙さん:
妙高型は四姉妹なので、会話する上でその年齢の差が出るように気を付けていました。
駆逐艦はとにかく可愛く元気に等、ゲームの頃からこだわる点は同じだったりします。
普段掛け合わないキャラクターと会話する時にキャラがぶれないようにするのが一番大変でした。

 

質問5:最後にアニメ『艦隊これくしょん -艦これ-』を楽しみにしているファンの方々へメッセージをお願いします

上坂すみれさん:
アニメはまだ始まったばかりですが、これからどんな展開になるのか提督の皆さんには色々と想像を巡らせつつ期待していただけたらと思います。
可憐な艦娘たちの織りなす熱い魂と友情のドラマを是非しっかり見届けてくださいね!

藤田 咲さん:
艦娘たちが、普段どんなふうに生活しているのか、どんな想いで出撃しているのかアニメを見るともっともっと艦娘たちを愛してあげたくなると思います!!
すべての提督のみなさまに見ていただきたいです!!
よろしくお願いいたします!!

井口裕香さん:
ついに! 艦これアニメ始まります!やったー!
どのキャラクターも魅力的に描かれています。
アニメでまた新たな魅力を見つけることも、たくさんあると思います。
是非見てくださいね。

佐倉綾音さん:
スタッフ・キャストの愛を存分に詰め込んだ、自信を持って送り出せる作品になっています。
皆様にもお楽しみ頂けると幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします!

東山奈央さん:
スタッフさんもキャストの皆さんも「艦これ」の収録に際しては初めてのことが多くて、私にとってもさまざまな刺激がある現場になっています。
皆さんで力を合わせながら、毎週楽しんで作品を作っています。
また、「艦これ」は応援してくださる皆さんの力のおかげで、大きなコンテンツになりました。
そのプレッシャーを力に変えて、良い緊張感のまま最終回まで駆け抜けていきたいと思っています。
今後の展開も、目を離しちゃNo~!なんだからね!
よろしくお願い致します!

大坪由佳さん:
沢山の提督さんの応援のおかげで、ここまで来ることができました!
動く艦娘達はさらに魅力的なので是非楽しんでください!これからも個性溢れるキャラクター達を愛し続けてください!
よろしくお願いいたします!!!

日高里菜さん:
アニメ「艦これ」で皆さんにお会いできるのも、応援して下さった皆様のおかげです。
本当にありがとうございます!
たくさんの艦娘たちが、どう成長していくのか…。
是非最後まで見守ってあげてください。
よろしくお願いいたします。

洲崎 綾さん:
ゲームが始まった当時は、まさかアニメになるなんて想像もしていませんでした!
本当に、いつも応援してくださっている提督の皆さんのお陰です!!
映像となって動き回る艦娘たちを見られるのが、とっても嬉しいです!
皆さんもぜひ、楽しみに待っていてくださいね!
これからも、応援のほどよろしくお願い致します!

種田梨沙さん:
初めて「艦これ」を触れる方にも親しみやすく、ゲームをプレイした方はより楽しめる作品に仕上がっていると思います。
アニメでしか描けない展開なんかも沢山ありますので、自分の好きなキャラクターが登場しているかな?なんて確認しながら毎話楽しみに見ていただけると嬉しいです!
アニメでも「艦これ」を宜しくお願いします!
(「アニメ『艦隊これくしょん -艦これ-』」公式WEBサイトより)©2014 「艦これ」連合艦隊司令部

 

★ななコメント

2015年大注目アニメ「艦これ」から、オール女性キャストのみなさんのコメントを紹介しました(>ω<☆)ノ
とても華やかな現場みたいで、ちょっと覗いてみたいぞ|д・☆)
一人で複数の役を演じる事が多いアニメなので、その演じ分けにも注目♪

関連記事

   
ページ上部へ戻る