七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【攻殻機動隊】ハリウッド実写版の草薙素子役はスカーレット・ヨハンソンさん!?出演には合意済とのこと…

スティーヴン・スピルバーグ監督率いるアメリカの映画会社「ドリームワークス」が手がけている実写版「攻殻機動隊」にて、草薙素子役をスカーレット・ヨハンソンさんが演じる可能性が出てきました!

20150108_koukaku01
(画像:「Variety」公式WEBサイトより)© 2015 Variety Media, LLC, a subsidiary of Penske Business Media, LLC. Variety and the Flying V logos are trademarks of Variety Media, LLC.

海外のニュースメディア「Variety」によると、まだ正式には決定していないとの事ですが、出演には既に合意していると伝えられています。

スカーレット・ヨハンソンさんは現在、大きな影響力を持つ数少ない女優の一人として、ハリウッドでも注目を集めている方です。
日本だけでなくアメリカでも根強い人気を誇る「攻殻機動隊」の主役である草薙素子を彼女が演じるとなれば、話題性は更に増す事になるでしょう。
今後の動向に注目です!

 

★女優紹介

スカーレット・ヨハンソン
1994年、「ノース 小さな旅人(原題:North)」で映画デビュー。
2003年、ヴェネツィア国際映画祭ブレイク女優賞など数々の賞を受賞。
2012年には大ヒット映画「アベンジャーズ」にブラック・ウィドウ役で出演し、日本でもおなじみの女優に。
2014年、主演を務めた映画「LUCY/ルーシー」は興行収入3.94億ドルの大ヒットを記録。

 

★作品紹介

攻殻機動隊
原作は士郎正宗氏によるマンガ作品。
技術関連の犯罪との戦いに特化した公安警察組織「公安9課」、通称〈攻殻機動隊〉の活動を描いた物語。
1995年、押井守監督により映画化された「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」がアメリカで大ヒットし、海外にその名を轟かせました。
2009年には、「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」の大ファンであるスティーヴン・スピルバーグ監督が映画化権を獲得。
現在、ハリウッド版「Ghost In The Shell」を製作中です。

 

★ななコメント

いよいよ動き出した「攻殻機動隊」ハリウッド版!
スカーレット・ヨハンソンさんは映画「LUCY/ルーシー」で華麗なアクションシーンを演じていましたので、ピッタリの配役じゃないでしょうか!?
今年こそ、本格始動となって欲しいぞ(>ω<☆)ノ

関連記事

   
ページ上部へ戻る