七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【なな百科:キャラクター紹介】『妹さえいればいい。』羽島千尋(はしま ちひろ)

なな情報局の辞書、なな百科ではついつい萌えちゃうあのキャラや、かっこいいあのキャラ…気になる謎キャラを紹介するぞ(>ω<☆)ノ

今回は『妹さえいればいい。』の羽島千尋ちゃん!

※メディアミックス作品のため情報はアニメやゲームなどが混在しています。
※一部ネタバレがあるので、注意してください。

 

★羽島千尋(はしま ちひろ)


(画像:「アニメ(妹さえいればいい。)」公式WEBサイトより)©平坂読・小学館/妹さえいれば委員会

 

★キャラクター概要

ガガガ文庫から刊行されている平坂読氏によるライトノベル、およびそれを原作としたTVアニメ『妹さえいればいい。』に登場するキャラクターの1人。
主人公・伊月の義理の弟。
伊月の父と千尋の母が再婚し、伊月から見ると母親の連れ子。
伊月らには隠しているが実は女の子。

卒なく何でもこなし、家事や勉強もできる。
妹(女の子)であることは、伊月と出版関係以外の人は知っており、学校の友人やその家族とは伊月の妹(女の子)で通っている。

短期バイトをアシュリーの元でしていた際に、自分が女性であることがバレてしまい、その後ショッピングに連れ出され、苦手な女性的格好を散々させられている。

恵那刹那のことは、彼が「千年に一人の神ケツ」と言って尻をたびたび見ようと迫ってくることから非常に苦手。

 

★プロフィール

CV:山本希望
髪型:黒のショートヘア
職業:学生
性格:穏やか
趣味:ガンプラ
苦手なもの:女性的格好、恵那刹那

 

★呼び名

羽島伊月:千尋
可児那由多:千尋くん
白川京:千尋くん
不破春斗:千尋くん
土岐健次郎:千尋くん

 

★作品紹介

妹さえいればいい。
妹さえいればいい。 Blu-ray BOX 上巻
ガガガ文庫より刊行されている、著・平坂読先生、イラスト・カントク先生によるライトノベル作品。
自身の作品のヒロインを全て「妹」にする妹バカの小説家・羽島伊月と彼を取り巻く個性的な面々による青春ラブコメディ。
2017年10月よりTVアニメを放送。

 

★名言、迷言

「あの、これからも兄さんのこと宜しくお願いします。では失礼します!」
「呼びません」
「沖縄に行って2日後に北海道なんてちょっと自由過ぎない兄さん?」
「わー!ありがとう!ジンベエザメ…兄さんのストラップとお揃いだね!」

 

★関連グッズ

関連記事

   
ページ上部へ戻る