七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

『鉄コン筋クリート』『ベルセルク』などの坂本拓馬氏が京都精華大学マンガ学部アニメーション学科教員に就任

京都精華大学は、マンガ学部アニメーション学科教員として、映画『鉄コン筋クリート』(CGI監督)や『ベルセルク 黄金時代篇』(演出)などを手がけ、セルルックアニメーションの第一人者として知られる、CGIディレクター・坂本拓馬氏 [STUDIO4℃] の就任を決定!

20150120_tekkon02
20150120_tekkon03

「セルルックアニメーション」とは、3DCGアニメーションを手描きのセル画アニメーションのように表現する手法です。
現在数多くのヒット作品で使われている技術ですが、坂本氏のように第一線で活躍する現役のクリエイターが専任教員としてその技術を教える教育機関は日本にはまだありません。
京都精華大学では坂本氏を招くことにより、従来の手描きアニメーション教育に加え、セルルックアニメーションの制作スキルを身につけた人材育成を目指すとの事です。
坂本氏は就任後、3年生のアニメーション制作や4年生の卒業制作の授業を担当。
3DCGを使った演出から、フィニッシュワークまで、個々の学生にあわせて個別指導を行います。
就任予定年月日は2015年4月1日です。

 

★クリエイター紹介

坂本拓馬
20150120_tekkon01

2001年京都精華大学美術学部卒業。
同年、STUDIO4℃入社。2007年『鉄コン筋クリート』(CGI監督)で、第7回映像技術賞、第11回日本映画テレビ技術大賞を受賞。
多くのOVA・劇場作品でCGI監督を務めています。
主な作品に『魔法少女隊アルス』(CGI監督)、『Genius Party デスティックフォー』(CGI監督)。
2011年~2012年『ベルセルク 黄金時代篇1 覇王の卵』、『ベルセルク 黄金時代篇2 ドルドレイ攻略』では演出を手がけています。

 

坂本拓馬氏からの就任コメント
私は13年間、アニメーション制作のCG分野を手掛けてきました。
アニメーションは様々な人とコミュニケーションを取りながら作っていくものです。
学生の皆さんにはその面白さをぜひ感じて欲しいと思っています。
近年、コンピューターグラフィックスの世界は以前に比べてより多様な表現方法に満ちています。
特に国内ではセルルックを使ったCG技術の必要性が高まりつつあります。
CGはとっつき難いかもしれませんが、やればやるほどその奥深さが分かってきます。
技術に振り回されず、自分がやりたい表現を試してみることで、きっと新しい可能性が開けるはずです。

 

★ななコメント

現在も第一線で活躍なさっている方に教えて貰えるなんて、素敵だぞ☆
坂本拓馬さんは現在のアニメにおけるCGの表現方法に大きな影響を与えた方なので、クリエイターを目指している人達は聞きたい事がいっぱいあるんじゃないでしょうか?!
CGや演出もモチロンですけど、授業中に聴けるアニメ業界に関するいろんなこぼれ話なども気になるぞ(・v・☆)

関連記事

   
ページ上部へ戻る