七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【第7回 DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞】受賞作品!『アナと雪の女王』や『シドニアの騎士』が受賞!

ああ うれしすぎて あたし 舞い上がりそう♪

デジタル・エンターテイメント・ジャパンが、「第7回 DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞」の受賞作品を発表、アニメ作品もグランプリに輝いた「アナと雪の女王」をはじめ、合計3作品が受賞となりました。

20150219_bdaward01
(画像:「第7回 DEGジャパンアワード/ブルーレイ大賞」公式WEBサイトより)(C)The Digital Entertainment Group Japan all rights reserved.

DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞は、1年間に国内で発売されたブルーレイソフトを対象として、ブルーレイの特長を最も活かした映像作品を、ユーザー投票・審査員投票によって審査・表彰するアワードです。

 

★グランプリ

アナと雪の女王
20150219_bdaward02
(画像:「第7回 DEGジャパンアワード/ブルーレイ大賞」公式WEBサイトより)(C)2014 Disney

日本でも去年「アナ雪旋風」を巻き起こした本作が見事グランプリに選ばれました。
「ストーリー性、画質、音質、3D表現――全てのクオリティが抜きん出た作品であり、総合力で文句なしにグランプリに選出」とのことで、評価の高さが窺えます。
また、本作は「ベスト高画質賞・アニメ部門(洋)」でも大賞を獲得し、二冠達成となりました。

 

★ベスト高画質賞・アニメ部門(邦)

SHORT PEACE (通常版)
20150219_bdaward03
(画像:「第7回 DEGジャパンアワード/ブルーレイ大賞 受賞作品発表」公式WEBサイトより)(C)SHORT PEACE COMMITTEE (C)KATSUHIRO OTOMO/MASH・ROOM/SHORT PEACE COMMITTEE

大友克洋監督作「火要鎮」、森田修平監督作「九十九」、安藤裕章監督作「GAMBO」 、カトキハジメ監督作「武器よさらば」の4作品から成る異例のオムニバス作品が大賞を受賞しました。
「和紙の質感、モノトーンの繊細な階調、絢爛豪華な色彩まで、制作陣が追求した映像世界の再現」を高く評価されて、特に「九十九」の表現力に対しては「ずば抜けている」という最大級の賛辞が述べられています。

 

★ベスト高画質賞・アニメ部門(TV・その他)

「シドニアの騎士」第二巻
sidonia_2box_4c
(画像:「第7回 DEGジャパンアワード/ブルーレイ大賞」公式WEBサイトより)(C)弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局

2014年4月から6月まで放送され、非常に高い人気を博した本作が受賞。
「何百年も酷使された宇宙船の傷や汚れ、メーターの数字なども丹念に書き込まれており、原作者の意図が忠実に再現されている」との評で、作品に対する映像としてのアプローチの質の高さが主な受賞理由となっているようです。
なお、本作は2015年4月より第2期『シドニアの騎士 第九惑星戦役』の放送も控えています。

 

★ななコメント

今回選ばれた3作品はどれも「キレイな映像」と評判の作品ばかりで、みんな納得だぞ☆
今回は惜しくも大賞を逃しましたが、『ベスト高画質賞・アニメ部門(邦)』の入賞作品「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」と「風立ちぬ」、『ベスト高画質賞・アニメ部門(TV・その他)』の入賞作品「機動戦士ガンダムUC 7」と「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース Blu-ray Vol.1」と「ログ・ホライズン」も高い評価を受けていました!
シドニアは2期も決まっていて、ななも放送が楽しみだぞ(‘ω’☆)

関連記事

   
ページ上部へ戻る