七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【ファイナルファンタジー レコードキーパー】400万DL突破!プロデューサー佐々木悠氏のインタビュー紹介

これは、僕達のFFの記憶を取り戻すインタビュー

株式会社クリーク・アンド・リバー社が運営するCREATIVE VILLAGEのインタビューコーナー「VILLAGE CAFE」で、『ファイナルファンタジー レコードキーパー』(以下FFRK)プロデューサーの佐々木悠氏のインタビューが行われました。

20150302_finalfantasyrk01

同作は、ディー・エヌ・エー(DeNA)が提供するソーシャル・ネットワーキング・サービス『Mobage(モバゲー)』で2014年11月より配信され、たった1ヶ月で400万ダウンロードを記録した大人気モバイルゲームです。
そのプロデュースを手掛けた佐々木氏は、少年時代からゲーム好きで『大乱闘スマッシュブラザーズ』『キングオブファイターズ』『ドラゴンクエスト』など幅広いジャンルのゲームに親しんできたとのこと。
中でも『ファイナルファンタジーX』は、プレイ時間が100時間を超えるほどやり込んだゲームで、その一番ハマったゲームのシリーズ作である『FFRK』を手掛けることになったその歩みは、非常に興味深い内容となっております。
ゲームの変遷をつぶさに見つめ、新しいエンタテインメントサービスを生み出してきた同氏の、ゲームへの温かい眼差しを感じ取ることのできる貴重なインタビューを紹介します。

 

★佐々木悠氏インタビュー

ゲームを「作る」側に
『実は、就職活動をしていた頃は有名企業ばかり受けていて、IT企業は一社も受けていなかったんですよ』と語る佐々木氏。
しかしその後、就職活動中に知り合った方の紹介でDeNAへ入社したとのこと。
当時は「怪盗ロワイヤル」の大ヒットに沸いていたというDeNAで、佐々木氏もプランナーとしてゲーム部門に異動することになったそうです。

『ゲームが大好きだった自分が、気づけばゲームを「作る」側になっていました。
そしてなにより、幼い頃から大好きだったIPでゲームを作らせてもらえることになり、心底嬉しくて。
一人でにやにやしてたことを覚えています(笑)。』と語る佐々木氏。
現在ではひとつの部署を任せてもらえるようになり、「ファイナルファンタジー レコードキーパー」だけでなく「三国志ロワイヤル」など複数のタイトルを運営しているとのこと。
企画で大事なことについては、『開発力をあげること、チームをまとめること、など学んだことはたくさんありすぎて話すと長くなってしまいます(笑)。』とお話しされています。

 

昔と今が融合した「ファイナルファンタジー」
「ファイナルファンタジー レコードキーパー」を制作するにあたり、佐々木氏はビジュアル面を重視したようです。
『初作からVIをプレイしていた方には”懐かしい”と思ってもらえるよう、敵もキャラクターもドット絵で演出し、またVII以降をプレイしていた方には、”新鮮だな”と感じてもらえるように、エフェクトを新しい仕様にしました』とのこと。
細部への徹底的なこだわりが、多くのユーザーに伝わった結果の大ヒットと言えるでしょう。
さらに、音楽面に関しても『「ファイナルファンタジー」の世界観では音が持つ力もまた圧倒的ですよね。
それを活かすために初作からXIIIまでの各ステージで流れるBGMを使用し、また懐かしい効果音を使うことで、ドット絵だけじゃなく、音でも歓喜してもらいたい、という狙いがありました』と語り、かつてご自身もFFをプレイした経験から、FFの持つ強みについても熟知しておられることが窺えます。

 

モバイルゲームはユーザーと一緒に
FFをモバイルゲームのフィールドで大成功に導いた佐々木氏は、モバイルゲームについて下記のように語っています。
『手軽にプレイできるということが大前提にあります。
テレビの前に腰を据えて、「今日は2時間ゲームするぞ!」という意気込みじゃなく、いつでもどこでもプレイできる。
そんなスマートフォンならではの気軽さがありながらも、懐かしさや奥深さを存分に楽しめるゲームを今後も提供したいと思っています。

モバイルゲームは作り手の自分たちが考えたことを、早い段階でアウトプットできて、それに対してユーザーの反応もすぐに返ってきます。
世界的に見渡しても、ここまで速いスピードでアウトプットとフィードバックが繰り返されるサービスって、他にあまりないと思います。
常にユーザーと対話しながらサービスを提供し続けることは、難しいことなのですが非常に楽しいです。

ゲームを運営していく上で大事なことは、3年、4年と長くゲームを運営していくことを見越した上で、開発初期からシステムやシナリオといったものを計画的に練っておくことがとても重要になります。
リリースしたあとは、毎日ユーザーと対話をし、自分たちが作ったコンテンツが、少しずつユーザーに寄り添ったものへと変化していくんですよね。
まるで一緒になってゲームを作りあげてるような、そんな独特の感覚があります。
これを体験するとやめられないですね(笑)。
モバイルゲームは、リリースしたら終わりではなく、実はその先の運営にこそ大事な「肝」があるんです。
リリースした後が本番といっても過言ではありませんね。』

(「CREATIVE VILLAGE」より)

 

★作品情報

ファイナルファンタジー レコードキーパー
20150302_finalfantasyrk02

ある王国を舞台に主人公「デシ」が、「絵画」に封印された歴史上の偉大な物語の「記憶」を取り戻すため、さまざまな世界を冒険してまわる物語を描くRPGです。
プレイヤーは主人公「デシ」となり、「Dr.モグ」や「シド」のサポートを受けながら、封印された歴代「ファイナルファンタジー」作品の世界を冒険して戦闘を重ね、各世界にちりばめられた「記憶」を取り戻していきます。

(C)SQUARE ENIX CO., LTD. (C)DeNA Co., Ltd.

 

★ななコメント

最近では劇団ひとりさんが出演しているCMでもおなじみの「ファイナルファンタジー レコードキーパー」、現在は500万ダウンロードを突破しているみたいです!
インタビューからも、その熱というか、勢いを感じるぞ☆
「昔のFFが好きだった」という人にも「昔のFFってどんな感じだったんだろう?」という人にもオススメのゲームです(>ω<☆)ノ

関連記事

   
ページ上部へ戻る