七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【第19回手塚治虫文化賞マンガ大賞】受賞作・受賞者が決定!ほしよりこさん作『逢沢りく』がマンガ大賞!

物語は、ここから始まるのだ。

故・手塚治虫氏の業績を記念し、氏の志を継いでマンガ文化の健全な発展に寄与することを目的に、朝日新聞社が1997年に創設した「手塚治虫文化賞」の第19回となる同賞のマンガ大賞に、ほしよりこさんの作品『逢沢りく』が選ばれました。

20150403_teduka01

 

★マンガ大賞

逢沢りく
ほしよりこさんが2014年に発表した、14歳の中学女子・逢沢りくを主人公とした物語。

 

★新生賞

大今良時さん
障害者と「いじめ」という重い題材から力強い希望と再生の物語を紡ぎ出した『聲の形』への評価として贈られました。

 

★短編賞

吉田戦車さん
不条理ギャグから育児日記まで、独自の笑いのセンスにあふれた一連の作品に対して贈られました。

 

★特別賞

みつはしちかこさん
『小さな恋のものがたり』を半世紀以上にわたり書き続け、完結させた業績に対して贈られました。

 

★ななコメント

以前、なな情報局でも取りあげた第19回手塚治虫文化賞マンガ大賞、ついに結果が発表されました!

参考:【第19回手塚治虫文化賞マンガ大賞】最終候補作品が決定!『聲の形』『NARUTO-ナルト-』『暗殺教室』など

マンガ大賞を受賞した『逢沢りく』は、セリフも吹き出しも手書きという異色の作品ですが、とても引き込まれる名作として知られています!

普段はマンガを読まない、という人にもオススメできる作品なので、この機会に読んでみてください☆

受賞、おめでとうございます!!

 

にじいろ☆おすすめグッズ

関連記事

   
ページ上部へ戻る