七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

『3月のライオン』スピンオフ!原案・羽海野チカ、漫画・西川秀明「灼熱の時代」ヤングアニマルで連載開始

知らなかった 誰かに自分のいる世界の事について興味を持ってもらえる事が こんなにもお腹のあたりがフワフワする程嬉しい事だったなんて…

大人気マンガ『3月のライオン』のスピンオフ作品となる『3月のライオン昭和異聞 灼熱の時代(とき)』が、4月24日発売のヤングアニマル9号から連載を開始しました。

20150424_lion01
20150424_lion03

 

★作品紹介

3月のライオン昭和異聞 灼熱の時代(とき)
20150424_lion02

主人公は、「3月のライオン」本編では将棋連盟会長として登場する若き日の神宮寺崇徳。
舞台は、昭和44年。熱く、燃えたぎる時代――。

本作を手がけるのは、ベテランマンガ家の西川秀明氏。
『3月のライオン』の作者、羽海野チカ氏は
「西川先生の手から生まれてくる徳ちゃんと朔ちゃんの青春の日々と昭和の街並みと暮らしが楽しみで仕方ありません。
男の人の手から生まれてくるライオンの世界、どんな物語になるんだろう!!
西川先生、どうぞよろしくお願いいたします!!」
とコメントを寄せています。

 

★ななコメント

西川秀明先生は、1990年代に月刊少年ガンガンで『Z MAN』を連載、その熱い作風でガンガン黄金期を支えたマンガ家さんです!

その後、ヤングアニマルではクールに熱い殺し屋を描いた『職業・殺し屋。』で人気を博しました。

今回のスピンオフマンガは「灼熱の時代」というタイトルとあって、西川先生にぴったりの作品になりそうです♪

『3月のライオン』とは対照的な絵柄ですけど、根っこの部分ではきっと繋がっていると思います☆

 

にじいろ☆おすすめグッズ

関連記事

   
ページ上部へ戻る