七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【グリザイアの楽園】3話 アニメの中のエロゲは新鮮…!?星条旗の棺×イモータル・ロビー×ヤブイヌ小隊

世界はこんなに美しいのに、どうしてこんなに残酷なんだーっ!!!

アニメ「グリザイアの楽園 –LE EDEN DE LA GRISAIA-」3話、感想いくぞ☆

 

【ネタバレ注意】
※アニメ「グリザイアの楽園 –LE EDEN DE LA GRISAIA-」3話のネタバレがあります。

 

★第3話「カプリスの繭Ⅲ」

星条旗の棺で眠る戦友ダニーの死に胸を痛める雄二たち。
はみ出し者で結成された通称“ヤブ犬小隊”は日を重ねるごとにその絆を深めていった。
雄二もまた無意識に彼らの存在に勇気づけられ、軍人として一人の男として逞しくなっていく・・・。

20150506_grisaianorakuen(ep03)_01
©Frontwing/Project GRISAIA

親愛なる家族と死線を潜り抜けてきたかつての戦友である雄二たちに見守られながら、星条旗の棺で永い眠りについた戦友ダニー。
海軍一のアイアンマンを目指した男の夢は叶わなかった。

雄二「おい、ダニー。下らない冗談はやめろよ。海兵隊一のアイアンマンが事故なんかで死ぬわけないだろ?」

 

20150506_grisaianorakuen(ep03)_02
©Frontwing/Project GRISAIA

「お兄ちゃん、そこはお尻だよっ?」
噂の“イモータル・ロビー(不死身のロビー)”の正体は妹萌え~なオタク野郎。
“イモート!イモート!”と叫んでいたらいつしかそう呼ばれるようになった。

ダニー「世界はこんなに美しいのに、どうしてこんなに残酷なんだーっ!!!」

 

20150506_grisaianorakuen(ep03)_03
©Frontwing/Project GRISAIA

落ちこぼれのクズどもで結成された“ヤブイヌ小隊”は、隊長の号令のもと銃を掲げ高らかに声を上げる。

「ナフ~~~~~~~~~~~~~~~ッ!!!!!!」

 

20150506_grisaianorakuen(ep03)_04
©Frontwing/Project GRISAIA

隊長「もういいんだ風見!ありがとう・・・後は任せて眠れ。」

風見雄二は見えない恐怖と戦いながら目の前のターゲットを殲滅した。
しかし、ノルマを達成してもまだなお敵へと向かって行く。
そんな雄二を支えたのは前線で敵対したダニーら“ヤブイヌたち”だった。

 

20150506_grisaianorakuen(ep03)_05
©Frontwing/Project GRISAIA

風見雄二「アニエス・ギャレット大尉殿!お世話になりました!風見雄二伍長、またいつでも参ります!」

手厚い指導を受けたアニーに敬礼し、雄二は祖国へと帰還する。

 

★3話の注目シーン

20150506_grisaianorakuen(ep03)_06
©Frontwing/Project GRISAIA

麻子「いらねーよ。バーカ。」

麻子と再会した雄二は一夜を共にする。
何かを悟った雄二は麻子に全てを委ねると告げた。

雄二のプロポーズともとれる台詞に対する麻子の反応…
とても切ない夜でした…( ´・ω・☆)

 

★3話の感想

『グリザイアの迷宮』で放送された「カプリスの繭0」から続くカプリスの繭編も今回で4話目(カプリスの繭Ⅲ)次第に明かされていく本作の主人公である風見雄二という男の過去は、今後のストーリーを楽しむ上では欠かせないものとなっています。

前作『グリザイアの果実』で明らかになったヒロインたちの過去もまた、この作品の重要なカギになってるぞ!
ギャグアニメのような気軽に楽しめる作品とはちょっと違う、主人公を含め、登場人物1人1人のエピソードが細部まで丁寧に描かれており見応えがある作品です(・v・☆)

果実を齧り、迷宮に迷い込んだ先は楽園だった…

不思議な魅力が視聴者を独特な世界観へと誘う本作!
今後風見雄二の過去を知ったヒロインたちがどう彼と関わっていくのか、本編の展開を想像しながら楽しむのもまた一興かもしれません☆

関連記事

   
ページ上部へ戻る