七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【グリザイアの楽園】4話 雄二の過去編「カプリスの繭」最終話…最後は衝撃の結末!? 日下部麻子×JB×風見雄二

ふざけやがって!何が神様だ!俺が2000メートル先から頭吹き飛ばしてきてやる!

アニメ「グリザイアの楽園 –LE EDEN DE LA GRISAIA-」4話、感想いくぞ☆

 

【ネタバレ注意】
※アニメ「グリザイアの楽園 –LE EDEN DE LA GRISAIA-」4話のネタバレがあります。

 

★第4話「カプリスの繭Ⅳ」

風見雄二は日下部麻子の持つ“9029”を正式に受け継ぐことになった。
護衛任務先でJBから“麻子が倒れた”という一報を受け、急遽帰国する。

戻った雄二が目にしたのはベッドに伏せる麻子の姿。
そこにかつて雄二をしごきにしごいた鬼教官の面影は全くなかった。

雄二「ただいま、麻子。遅くなってごめんな。」

grisaianorakuen(ep04)_03
©Frontwing/Project GRISAIA

麻子「少し疲れたな・・・。もう寝てもいいか・・・?」
雄二「ああ。おやすみ麻子・・・。」

そして麻子は永い眠りにつく。

 

麻子が死んだ後、雄二はJBのマンションへと引っ越すことになる。
grisaianorakuen(ep04)_05
©Frontwing/Project GRISAIA

ともに傷を負った2人の共同生活が始まる。

JB「私と居ると、どうしても思い出す・・・?」

 

 

JBとの短い共同生活が終わり、雄二は麻子との約束を果たすべく旅に出た。
grisaianorakuen(ep04)_08
©Frontwing/Project GRISAIA

雄二「とりあえず、風の吹いてる先へ行ってみる。」

そして、旅の中で雄二は自分に足りないものを発見する。

雄二「青春・・・か。」

 

戻った雄二はジョンと麻子の墓前で旅の報告をする。
grisaianorakuen(ep04)_10
©Frontwing/Project GRISAIA

雄二「バイク、ごめん。ぶっ壊しちまった。JBに預けてあるけど、必ず直すから。」

 

“9029”として依頼を受けた雄二のターゲットは、国際指名手配中のテロリスト“イーサン・グロウ”と呼ばれる人物。
しかし、銃の照準から捕えたその人物の顔は見覚えのあるものだった。
grisaianorakuen(ep04)_11
©Frontwing/Project GRISAIA

雄二「違う!違う!違う!違う!あいつは・・・あいつは・・・!」

 

★4話の注目シーン

grisaianorakuen(ep04)_005
grisaianorakuen(ep04)_004
©Frontwing/Project GRISAIA

雄二「なあ麻子?あんた、死んじゃうのか?」

雄二「大事な女が死ぬって時くらい、好きに泣かせろよ・・・。」

雄二「麻子だけが・・・俺の生きる目的だったのに・・・!こんなのないぜ・・・!」

雄二「あんたこそ・・・簡単に諦めるなよ!楽になろうとかするんじゃねえよ・・・!説得力がないだろ!」

雄二「ふざけやがって!何が神様だ!俺が2000メートル先から頭吹き飛ばしてきてやる!」

このシーンではセリフや表情からも、麻子を保護者代わりとして暮らしていた子供の頃の雄二を感じさせる。
コロコロと表情を変える雄二とは対照的に、麻子の方は語調も表情もほとんど変わらない。

麻子の画像は載せなかったが、一人前の軍人として雄二を鍛えていた頃とはまるで違う優しい表情をしています。
2人の会話は師弟や恋人というよりも親子そのもの…
どんなに経験を積んだ軍人でも、親の前では子供の顔に戻ると実感するシーンでした・゜・(ノД`☆)・゜・

 

★4話の感想

『グリザイアの迷宮』で放送された「カプリスの繭0」から続くカプリスの繭編は今回の“カプリスの繭Ⅳ”で最後でした!

母親を幼くして亡くした風見雄二にとって日下部麻子は最愛の女性と言うべき存在…。

前回の3話である程度こうなることは察しがついていたが、そのシーンの演出は思っていた以上にグッと来たぞ(´;ω;`☆)

次回からサブタイトルが“ブランエールの種”に変わります。
次の展開が気になる人は、是非“ブランエール”という言葉を調べてみてください☆

この作品にはセリフや演出に作り手の細かいこだわりが見えます。
ここではとても載せ切れませんが、一字一句が作品の魅力的です!!

たとえばこのセリフ。
「気になるものがあったら止まってみる。知らない道があったら通ってみる。道を間違えても気にしない。」
「自分で見て感じて発見して理解する。そうすると視野が広くなってくる。」

日下部麻子が風見雄二に“旅のススメ”を説明した台詞です!
ななが、個人的に最も印象に残っている台詞( ˘ω˘☆)

 

関連記事

   
ページ上部へ戻る