七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【ハロー!!きんいろモザイク】7話 カレンとアリスの思い出が明らかに!金髪コンビに萌えて癒されて最高な回

カレン ビカム プリティアー!イズ イット ア プア ジョーク!?
(訳:カレン、もっと可憐になりなさい!って駄洒落かよっ!?)

 

アニメ『ハロー!!きんいろモザイク』6話、感想いくぞ☆

 

【ネタバレ注意】
※アニメ『ハロー!!きんいろモザイク』6話のネタバレがあります。

 

★Episode.07「マイ・ディア・ヒーロー」

ずっと欲しかった限定品のネックレスを大好きなパパに買ってもらい大喜びするカレンだったが、それが“ウソ”と判明。大げんかをして家を飛び出してしまう。
アリスがホームステイをしている忍の家を訪れたカレンは事情を説明。その日は泊めてもらうことになる。

ホームステイ気分に心を躍らせるカレンのアピールに何故か焦りの色を見せるアリスと金髪に囲まれて有頂天の忍(と忍ママ)。
楽しい時間が過ぎていく中、カレンを気遣うアリスはパパとの仲直りを勧めるのだった。

hello!!kiniromozaiku(ep07)_01
©原悠衣・芳文社/ハロー!!きんいろモザイク製作委員会

忍「カレン、なんだか修業帰りのロッカーみたいです。」
アリス「何者!?」

 

hello!!kiniromozaiku(ep07)_02
©原悠衣・芳文社/ハロー!!きんいろモザイク製作委員会

??「夏でも耐えられるか、ちょっと着てみます♪」

??「ダメでした~・・・。」

 

hello!!kiniromozaiku(ep07)_03
©原悠衣・芳文社/ハロー!!きんいろモザイク製作委員会

陽子「パパっ子ってなんかいいなあ!美味しそうっ!!」

 

hello!!kiniromozaiku(ep07)_04
©原悠衣・芳文社/ハロー!!きんいろモザイク製作委員会

カレン「お部屋、ここで充分なので・・・。」
アリス「住む気なの!?」

 

hello!!kiniromozaiku(ep07)_05
©原悠衣・芳文社/ハロー!!きんいろモザイク製作委員会

カレン「100人乗ってもダイジョーブ!イェーイ!!」

 

日本語の勉強に集中するアリスの気を引こうとするカレン。
道の途中で足を滑らせ落下。足を挫いてしまう。
異変に気付いたアリスはカレンを捜しに家を出る。その途中でカレンの靴を発見。

足の痛みをこらえながら必死に助けを求めるカレンのそばをアリスが通り過ぎて行く。
精神的に追い詰められたカレンはアリスのある言葉を思い出す。

hello!!kiniromozaiku(ep07)_10
hello!!kiniromozaiku(ep07)_13
©原悠衣・芳文社/ハロー!!きんいろモザイク製作委員会

カレン「やっぱりアリスは私のヒーローデス!!!」

 

★7話の注目シーン

hello!!kiniromozaiku(ep07)_17☆
©原悠衣・芳文社/ハロー!!きんいろモザイク製作委員会

忍の家に一日ホームステイをしたカレンとアリスのツーショット。
髪を下ろしていることもあって、一瞬どちらがアリスでどちらがカレンなのか見分けがつかない。
(左がアリス。右がカレン。)

このアニメでは“金髪は単に髪が金色のキャラクターにあらず”ということ。
そもそも金髪を色で表現するのは難しい。実際金色でもなければ黄色でもない。

現在アニメには数多くの“金髪キャラ”が存在しているが、リアルに描き分けている作品はあまりありません。
私は全くといって英語の素養がないので完全など素人目線になってしまうが、アリスやカレンをはじめとした外国人の日常会話をリアルに表現している声優の演技はお見事!

タイトルにもなっているこのアニメが描き出す“きんいろ”のクオリティはかなり高いぞ☆
アニメだからフィクションだからと言って適当に流してはいけない部分デース(・v・☆)

 

★7話の感想

後半パートは忍がホームステイを終えて帰国した後のアリスとカレンの思い出話になります。

基本的に登場人物は英語で喋る為、画面には字幕で日本語が表示されています。

作り手の“きんいろ”への拘りが見えて面白かった部分!7話のメインキャストはアリスとカレンだけど、たったワンシーンで強烈なインパクトを脳裏に焼き付ける烏丸先生のキャラクターはすごいぞ(・□・☆)

今後も“きんモザ”の準主役、烏丸&久世橋コンビにも目が離せません!

関連記事

   
ページ上部へ戻る