七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

サブカルで育ったオトナが悶絶する!?有名クリエイターチームの合作小説『エネミーズ/1996』が発売

ゲーム・特撮・アニメで育ったアラフォー世代の神々による合作『エネミーズ/1996』、第1章チャプター35まで公開!
’96年の東京でモンスターバトル開始!

小説『仮面ライダー1971-1973』の和智正喜氏、イラスト『ブギーポップ』シリーズの緒方剛志氏、モンスターデザイン『S.I.C.』の安藤賢司氏による合作『エネミーズ/1996』の書籍版第1巻が、2015年5月25日にMFブックスより発売しました。

エネミーズ/1996 1 (MFブックス)

 

★作品紹介

エネミーズ/1996
20150527_mfbooks05
20150527_mfbooks02
20150527_mfbooks03
20150527_mfbooks04
20150527_mfbooks06

舞台は1996年、東京。
ゲームメーカーに勤める主人公・三原一也は、半年前に失踪した同僚・月岡陶子の影を追い、六本木のビル内部に広がる地下神殿へと潜入した。
そこで目の当たりにしたのは、神殿に集まった人々が次々と異形の怪物へと変身を遂げる驚愕の光景――。
「これは……陶子が創っていたRPG『エネミーズ』の世界そのままじゃないか!?」
そして一也自身にも不思議な力が及び、彼は最大最凶の敵(モンスター)、ドラゴンに変身した!
一也は――そして人類は、現実を浸食するこの恐怖とどう立ち向かっていくのか?

著者は、小説『仮面ライダー1971-1973』でオールドライダーファンの胸を熱くさせた和智正喜氏。
イラストは『ブギーポップ』シリーズ装画担当・緒方剛志氏。
モンスターデザインはフィギュア『S.I.C.』を始めとする造形で名高い安藤賢司氏。
ゲーム・特撮・アニメなどのサブカルで育ったオトナにはたまらないクリエイター3人による合作となっています。
「ウインドウズ95」「初代プレイステーション」といったキーワードに郷愁を感じる人には、「あの頃の東京」を疑似体験できる小説です。

2015年4月24日から毎日掲載。
5月25日に書籍版第1巻を発売。
価格は1,200円(税抜)。

 

★ななコメント

1990年代中盤に10代、20代だった世代にはタマらない小説です!

Web上でかなりのボリュームを読むことができるけど、書籍版は特典もあって緒方剛志先生のカッコいい絵も見られるので、こちらがオススメだぞ☆

約20年前を懐かしいと思う人も、まだ生まれていなかったという人も、ぜひ読んでみてください!

 

関連記事

   
ページ上部へ戻る