七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【放課後のプレアデス】7話 最高のあおすば!すばるの気持ち、心配するあおい…2人の仲が深まった回

スイセイって言っても水の星じゃなくて、ハレーなんとかの方ですからっ!

 

アニメ『放課後のプレアデス』7話、感想いくぞ(・v・☆)

 

【ネタバレ注意】
※アニメ『放課後のプレアデス』7話のネタバレがあります。

 

★第7話「タカラモノフタツ或いはイチゴノカオリ」

慣れない手つきで花壇の世話をする、すばるの変化に戸惑う一行。
すばるのことを一際心配するあおいは、いちご牛乳で元気づけようとする。
あおいは、すばるからみなとの話を聞くが、全く理解できない。
互いの気持ちが噛み合わないまま…時は過ぎて行く。

そんな中、またカケラが出現。
会長の指示で、彗星の軌道に乗ったすばるたちの目の前には太陽が迫る。
カケラの在処はその彗星の中、いや彗星そのものだった・・・。

houkagonopleiades(ep07)_01
houkagonopleiades(ep07)_03
houkagonopleiades(ep07)_05
©GAINAX/放課後のプレアデス製作委員会

 

★7話の注目シーン

houkagonopleiades(ep07)_06☆
©GAINAX/放課後のプレアデス製作委員会

すばるの様子を木の陰からそっと覗き見るあおいたちのシーン。

アニメではよくある、除き見シーン。
例:『巨人の星』のお姉ちゃん

しかも大抵の場合、ほぼ見えています!

今回だと、すばるのことを心配するあおいたちの心境が、よく表れているシーンだぞ(>ω<☆)
ぜひ注目してみてくださいっ!!

 

★7話の感想

ファンタジックで謎めいたストーリーが魅力のアニメだけど、今回も宇宙空間を飛び回るシーンは迫力がありました(・v・☆)

またすばるとあおいの友情など、キャラクターの描き込みもしっかりしていて見応えがあります!

どうなるか読めない今後の展開を予想するのも、このアニメの楽しみの1つだぞ(>ω<☆)

 

関連記事

   
ページ上部へ戻る