七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【グリザイアの楽園】9話 天音と一姫の再会!意外な人物の正体が明らかに!?更に、雄二があんなことを…

「眼を閉じて…、脚を開いて、歯を食いしばれ…。」

 

七星ななです(・v・☆)
アニメ『グリザイアの楽園 -LE EDEN DE LA GRISAIA-』9話、感想いくぞ☆

 

【ネタバレ注意】
※アニメ『グリザイアの楽園 -LE EDEN DE LA GRISAIA-』9話のネタバレがあります。

 

★第9話「ブランエールの種Ⅴ」

ヤブイヌ小隊やJB(春寺由梨亜)らの協力を得て、風見雄二とタナトス本体(風見一姫)の救出に成功。
美浜学園の新たな校舎も決まり、事態は着々と進展して行く。
一姫(風見一姫)に選択を迫られた雄二は、ヒース・オスロとの関係に終止符を打つことを決意する。
そして舞台は最終局面へ。

20150615_grisaianorakuen(ep09)_06
©Frontwing/Project GRISAIA

雄二の前に現れたゾーイ・グラハムと名乗る女性。
雄二が父親の仇であることを明かす。

グラハム『オスロを殺すまで…身勝手な死は、私が許しません。』

 

2015015_grisaianorakuen(ep09)_01
©Frontwing/Project GRISAIA

美浜学園の新校舎がついに決定!?
事実を知った学園長の千鶴(橘千鶴)は仰天する。

一姫『3500トン級大型個人船舶…、その名も…美浜学園です。』
千鶴『困りますぅ~~~!!』

 

20150615_grisaianorakuen(ep09)_02
©Frontwing/Project GRISAIA

雄二に頬をはたかれる一姫。

雄二『どれだけ心配したと思ってんだ…!バカ姉…!』

一姫の胸で泣きじゃくる雄二。
姉の前で弟の一面を見せる。

一姫『体ばかり大きくなっても…、相変わらず泣き虫なのね…。』

しかし、その後調子に乗りすぎて雄二にお仕置きされてしまう一姫。
雄二が具体的に何をしたかは不明。

一姫『いーい、雄二?お姉ちゃん以外の女の人に、あんなこと…しちゃダメなのよ?』
雄二『ん?ああ。』
雄二『…。あんなことって…、どれのことだろう…?』

 

20150615_grisaianorakuen(ep09)_10
©Frontwing/Project GRISAIA

感動の再会でいきなり雄二にぶっ飛ばされたミリー(ミリエラ・スタンフィールド)。
女性に手を挙げる雄二を非難する天音(周防天音)に対してブチ切れる。

ミリー『ああーん?ジーニーがやることにケチつけてんじゃねえぞコラァ!!!』

 

20150615_grisaianorakuen(ep09)_05
©Frontwing/Project GRISAIA

唐突に雄二の唇を奪うミチル。
出し抜かれた他の女性陣は大ブーイング。

ミチル『無事に帰って来られるように…お守りをあげるわ。』

 

海底400メートルにあるケーブルを切断するというミッションに挑む、みちる(松嶋みちる)。
幸(小嶺幸)の号令で非情にも海に沈められる。

幸『みちる様。今の私には、みちる様がとても輝いて見えます。』
みちる『…そう…かなぁ…?』
幸『はいっ。元気出して、行ってみましょう!

 

★9話の注目シーン

1.ゾーイ・グラハム=ジェームズ岡田ことジミーの奥さん=蕎麦屋の猫耳メイド
20150615_grisaianorakuen(ep09)_11
©Frontwing/Project GRISAIA

まず、彼女がジミー(ジェームズ岡田)の奥さんであるということにびっくり!

しかし、それ以上に彼女が単なるジミーのおたくネタの為のキャラクターではなく、オスロの奴隷だった頃の雄二に父親を殺されていたストーリーの重要人物という設定に…更に、びっくり!
この作品の登場人物は、本当にバックストーリーがしっかりしています。

 

②みちるとミチルの見分け方
20150615_grisaianorakuen(ep09)_12
©Frontwing/Project GRISAIA

こちらはみちる、ではなくミチル。
※みちるの言う“もう一人のみちる”

見分け方は瞳の色。
みちるは瞳が青く、ミチルは瞳が緑色をしています。
また、性格とともに口調も変化。

雄二の唇を奪ったシーンでは、みちるからミチルへと入れ替わる瞬間が、意図的に演出されているぞ☆
ミチルのエピソードについては前シリーズの『グリザイアの果実』で描かれているので、気になる方はそちらをチェック!

 

ここではピックアップしきれないほど注目シーンの多い9話。
天音との再会シーンも良いです!
一姫の前でしか見せない天音の素顔もよく描かれています(>ω<☆)
ロボハンドの一姫お姉さまも、とてもラブリー&チャーミング♡

 

★9話の感想

8話とはまた違った、グリザイアの魅力といえるシーンが詰まった9話!天音と一姫の再会やみちるの奇行(もう一人のみちる)やジミーの奥さんの登場など…1つ1つのシーンには、これまでのストーリーを回顧させるような重みや深みのあるものが多いです。

『グリザイアの果実』や『グリザイアの迷宮』から見ている人にとっては、ある意味エキサイティングな8話よりも見応えがあったかも!?

いよいよストーリーは佳境入り☆
単身敵の根城に乗り込んだ風見雄二とヒース・オスロの“再会”はどうなるのか!?

ハッピーエンド!?
バッドエンド!?
はたまた、それ以外!?

続きに期待だぞ(>ω<☆)b

関連記事

   
ページ上部へ戻る