七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【がっこうぐらし! SCHOOL-LIVE!】3話 明かされる真実…学校生活の始まり、めぐねぇの正体は…!?

「つーか、誰だお前…?」

 

七星ななです(・v・☆)
アニメ『がっこうぐらし! SCHOOL-LIVE!』3話、感想いくぞ☆

 

【ネタバレ注意】
※アニメ『がっこうぐらし! SCHOOL-LIVE!』3話のネタバレがあります。

 

★♯03「あのとき」

教師の立場として生徒との接し方に悩む、国語教師のめぐねえ(佐倉慈)。
職員室のテレビである不気味なニュースを目撃する。
補習テストを終えたゆき(丈槍由紀)の希望で二人は園芸部の見学をしに屋上へ。
ゆきが園芸部員(りーさん/若狭悠里)の手伝いをしている中、あのニュースが気になるめぐねえは
実家の母親に電話をかけるが何故か繋がらない。
不安を覚えるめぐねえの元に一本の電話(神山先生)がかかってくる。
鬼気迫る電話の向こうの声が途切れた瞬間、屋上のドアを激しく叩く音が…

 

20150724_gakkougurashi!(ep03)_14
©Nitroplus/海法紀光・千葉サドル・芳文社/がっこうぐらし!製作委員会

寝起きの、めぐねえ。
母親からのメールを寝ぼけ眼で読む。

 

20150724_gakkougurashi!(ep03)_03
©Nitroplus/海法紀光・千葉サドル・芳文社/がっこうぐらし!製作委員会

くるみ(恵飛須沢胡桃)の悩みを聞く、めぐねえ。
それが恋愛相談だと見破る。

 

20150724_gakkougurashi!(ep03)_06
©Nitroplus/海法紀光・千葉サドル・芳文社/がっこうぐらし!製作委員会

屋上でひとり園芸部の活動をしていた、りーさん(若狭悠里)。
人懐こいゆきとすぐに打ち解ける。

 

20150724_gakkougurashi!(ep03)_16
©Nitroplus/海法紀光・千葉サドル・芳文社/がっこうぐらし!製作委員会

ゾンビ化した先輩をシャベルで攻撃する、くるみ。
止めに入ったゆきは抱き付いたまま泣きじゃくる。

 

20150724_gakkougurashi!(ep03)_07
©Nitroplus/海法紀光・千葉サドル・芳文社/がっこうぐらし!製作委員会

学園生活部のキャンプ活動。
大好きなめぐねえについて語り合う。

 

★3話のアナザーワールド

20150724_gakkougurashi!(ep03)_01☆
©Nitroplus/海法紀光・千葉サドル・芳文社/がっこうぐらし!製作委員会

3話の冒頭のシーン。
廃墟となった職員室の机で“遺書”を書き留める、めぐねえ。

 

20150724_gakkougurashi!(ep03)_17
©Nitroplus/海法紀光・千葉サドル・芳文社/がっこうぐらし!製作委員会

大きな爆発音とともに目の当たりにした屋上からの景色。

このアニメにおける時間軸は、ストーリーを把握する上で重要な部分です!
学園生活部の活動シーンは、“現在”
そして、3話の“あのとき”が過去(回想)、そこに居ないみーくん(直樹美紀)と太郎丸が存在する時間が“現在”となります。

この話から、3話の冒頭のシーン、学園生活部はできた時期、太郎丸との出会い、みーくんとの出会い…これらが屋上での襲撃事件以降考えられます☆

 

★3話の感想

交錯する二つの世界と回想する過去の記憶…。
まだまだ手探り状態は続きそうだぞ(・v・☆)

“過去”に居なかったみーくんが、いつゆきたちの前に現れるのか…。

このアニメはかなりのホラー要素があり、キャラクターの絵柄とのギャップに惑わされがちです。
だけど、そこがまた面白い要因、そして謎を深める要因の1つだぞ☆

関連記事

   
ページ上部へ戻る