七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

れるりり氏の大人気ボカロ曲『脳漿炸裂ガール』のコミックスが発売!原曲や小説と違うオリジナル展開

株式会社KADOKAWAより、青年雑誌「ヤングエース」にて好評連載中のコミカライズ版『脳漿炸裂ガール』が発売しました!
れるりり氏が手がける大人気ボカロ曲『脳漿炸裂ガール』が、小説、映画につづき今度はコミックスとなって登場です。

 

★書籍紹介

nousyou_comic_se11_cover_cs6_ol
ストーリー
ごく普通の男子高校生の浮葉いなせの平穏な日々は、同じ高校に通うまると出逢ったことで一変する。
荒れ果てた世界、鬼と呼ばれる凶暴な少女たちを前にいなせは一体――!?
渋谷を舞台にしたシリアスアクション、開幕!!

書誌情報
20150727_noushousakuretsu_2
シリーズ構成・脚本:吉田恵里香氏
漫画:名束くだん氏
原案:れるりり氏(Kitty creators)
キャラクター原案:MW氏(Kitty creators)

発売日:2015年7月25日
発行:株式会社KADOKAWA
レーベル:角川コミックス・エース
定価:本体580円+税

特筆すべきはその物語であり、小説とは異なるオリジナル展開を見せるまったく新しい『脳漿炸裂ガール』となっています。
原曲や小説でファンが馴染んできた作品とはまた別の、れるりり公認のもうひとつの「脳漿」を楽しむことが出来ます。

 

★プロモーションムービー

©KADOKAWA CORPORATION 2015

 

★作品紹介

脳漿炸裂ガール
脳漿炸裂ガール (角川ビーンズ文庫)
オリジナルは、れるりり氏によって制作・投稿されたVOCALOID楽曲です。
ニコニコ動画での動画再生回数は390万、関連動画の再生数は合計で4000万を超えています。
VOCALOID楽曲でははじめての実写映画化となる劇場版『脳漿炸裂ガール』も、7月25日に公開が開始されています。

 

★ななコメント

『脳漿炸裂ガール』のコミックスがついに発売されちゃいます!

楽曲や小説もよかったですが、コミックスもとってもかわゆいぞ♪

この夏は、劇場版も公開されて盛り上がりまくっている『脳漿炸裂ガール』から目が離せません☆

関連記事

   
ページ上部へ戻る