七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【空戦魔導士候補生の教官】4話 ミソラの過去…家族との関係が明らかに!カナタはミソラの心を開けるのか!?

「死なせねえよ…?」

 

七星ななです(・v・☆)
アニメ『空戦魔導士候補生の教官』4話、感想いくぞ☆

 

【ネタバレ注意】
※アニメ『空戦魔導士候補生の教官』4話のネタバレがあります。

 

★第4話「忘れざる過去」

ミソラ(ミソラ・ホイットテール)の家を訪ねたカナタ(カナタ・エイジ)。
そこで、ミソラの父親ゲイル(ゲイル・ホイットテール)と出会う。
ゲイルから今は亡きミソラの母親ソシエ(ソシエ・ホイットテール)の話を聞き、彼女がミソラの心のわだかまりの原因だと知る。
ソシエが眠る墓標の前で、覚悟を問うカナタにミソラは…

 

20150730_kuusenmadoushi(ep04)_03
© 2015 諸星悠・甘味みきひろ/KADOKAWA 富士見書房刊/E601小隊

ホイットテール家の家族写真。
ミソラは完全な母親似(微妙にカナタにも似ている気がする)。

 

20150730_kuusenmadoushi(ep04)_04
© 2015 諸星悠・甘味みきひろ/KADOKAWA 富士見書房刊/E601小隊

ミソラの父親ゲイルから話を聞くカナタ。
出されたメニューはソシエの好物だったというステーキ

 

20150730_kuusenmadoushi(ep04)_06
© 2015 諸星悠・甘味みきひろ/KADOKAWA 富士見書房刊/E601小隊

空戦魔導士だった母親の面影を追うミソラ。
形見の魔砲剣を振り続ける。

ミソラ「なんでアタシが勝てないのよっ!!!」

 

20150730_kuusenmadoushi(ep04)_07
© 2015 諸星悠・甘味みきひろ/KADOKAWA 富士見書房刊/E601小隊

ミソラに覚悟を問うカナタ。

カナタ「なら、改めて母親に…、その剣に誓え。」
カナタ「母親を超える魔砲剣士になると…。人々を守り、自分も守れるほど強くなると…。」

 

20150730_kuusenmadoushi(ep04)_08
© 2015 諸星悠・甘味みきひろ/KADOKAWA 富士見書房刊/E601小隊

カナタの言葉に吹っ切れたミソラ。
母親の墓標の前で形見の魔砲剣に力強く誓う。

ミソラ「うんっ!!!

 

★4話の注目シーン

20150730_kuusenmadoushi(ep04)_01☆
© 2015 諸星悠・甘味みきひろ/KADOKAWA 富士見書房刊/E601小隊

カナタの言葉にユーリ(ユーリ・フロストル)が反論するというシーン。

このカットだけ何故か絵がに描かれています∑(・д・☆)
因みに1話から通してこういう描写は初めて…でびっくり!

 

20150730_kuusenmadoushi(ep04)_02☆
© 2015 諸星悠・甘味みきひろ/KADOKAWA 富士見書房刊/E601小隊

ミソラの過去のエピソードより、幼少期のミソラが空高く舞っているシーン。
何が起こったかは…ヒ・ミ・ツ
気になる方は、アニメをご覧下さい!!!

このアニメの世界観は独特で、町が丸ごと空に浮いている、いわば空中都市が舞台のようです。
今後の展開で、徐々にその詳しい内容が明かされていくといいなぁと思います♪

キャラクターの表情に関しては、特に墓標の前で誓うミソラの表情はとても力強く描かれていました☆
こちらも、今後も期待だぞ(・ω・☆)

 

★4話の感想

4話はヒロインの一人(ミソラ)のエピソード回!
とっても見応えがありました(‘ω’☆)

このアニメは、登場人物の心の様子の描き方が丁寧です。
ミソラとその家族(父親)とカナタの思いが交錯しながら、ミソラが心を決めるまでの流れが良いぞ☆

これでレクティ、ミソラと異なったアプローチ(演出)で心を開くことに成功しました(・ω・☆)b
最後に残ったのは予想通りリコ・フラメル。
未だ掴めない自称女神の心をどう開くか、そのアプローチ方法に注目!

カギを握るのは、やっぱりあの人物…!?

関連記事

   
ページ上部へ戻る