七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【それが声優!】6話 初めての挫折!プロの世界の厳しさに双葉はどうする!?ゲストは大人気ツンデレ声優!

「な、なんなのこのっ、ビッグウェーブ!!?」

 

七星ななです(・v・☆)
アニメ『それが声優!』6話、感想いくぞ☆

 

【ネタバレ注意】
※アニメ『それが声優!』6話のネタバレがあります。

 

★第6話「PV撮影」

双葉(一之瀬双葉)、いちご(萌咲いちご)、鈴(小花鈴)の新人声優三人によって結成されたユニット“イヤホンズ”。
デビュー曲のタイトルも決まり、PV撮影にダンスレッスンにと大忙しの日々が始まろうとしていた。
そんな矢先、ふと通りかかった本屋の前で以前出演したドラマCDのアニメ化決定の告知を発見する双葉。
自分もアニメに出演できるかもしれないと、その場で原作コミックを購入する。
そしてあるWEBラジオ収録の日、イヤホンズのデビュー曲発売の告知に続いて鈴からサプライズ発表が…

 

20150812_soregaseiyuu!(ep06)_03
©あさのますみ・畑健二郎/イヤホンズ応援団

デビュー曲のタイトル発表に微妙な空気が流れる。
プロデューサー(海原さん)が勝手に考えたらしい。
三人の反応もビミョー。

海原P「タイトルは…、“耳の中へ”、だーっ!!!」

 

20150812_soregaseiyuu!(ep06)_04
©あさのますみ・畑健二郎/イヤホンズ応援団

イヤホンズのサンプルCDを聞いてノリノリの双葉。
リズムに合わせて体を動かす。

双葉「これを…私が歌うんだ…!」

 

20150812_soregaseiyuu!(ep06)_07
©あさのますみ・畑健二郎/イヤホンズ応援団

WEBラジオのオンエア中にリンリン(小花鈴)から重大発表が…!?
それを聞いた双葉は…

 

20150812_soregaseiyuu!(ep06)_09
©あさのますみ・畑健二郎/イヤホンズ応援団

先輩のヒカリ(汐留ヒカリ)に相談する双葉。
プロとは、そして声優とは何かを教わる。

ヒカリ「どんな時でも求められることに応える…。それがプロよ…。」

 

20150812_soregaseiyuu!(ep06)_10
©あさのますみ・畑健二郎/イヤホンズ応援団

鈴に思いを打ち明ける双葉。
戸惑う鈴にエールを送る。

双葉「そこは一言、“頑張ります!”だよ…?」

 

★6話の注目シーン

20150812_soregaseiyuu!(ep06)_01☆
©あさのますみ・畑健二郎/イヤホンズ応援団

今回のご本人登場は釘宮理恵さん。
双葉と共演したドラマCDのヒロイン役として登場。
アニメ界のツンデレ声優としても有名だぞっ!

双葉いわく、いいニオイがするみたい☆

出演作品の代表例は、『鋼の錬金術師』のアルフォンス・エルリック役、『銀魂』の神楽役、『FAIRY TAIL』のハッピー役など。

 

20150812_soregaseiyuu!(ep06)_08
©あさのますみ・畑健二郎/イヤホンズ応援団

双葉の相棒のコロリ(息の根コロリ/CV:高橋李依)が双葉を元気づけるというシーン。
画像だけ見ても動きがないので喋ってるように見えないけどちゃんと喋ってます♪

毎回、必ず双葉とコロリのツーショットシーンが登場します!
おそらく双葉の心理描写も兼ねての演出なのではないでしょうか?

特に今回はドラマCDのアニメ化に浮かれている時の双葉と、悲しい事実を知ってしまった後の双葉の描写が、コロリ(の声)を通じてよく描かれていました(>_<☆)

 

★6話の感想

いちごや鈴との出会いからWEBラジオを経てイヤホンズのデビュー!

順調に来ていた新人声優の双葉に最初の試練が訪れました!
特に双葉にとって辛かったのは、夢を奪ったその相手がともに頑張っている鈴だったということなのでしょう…。

先輩のヒカリの言葉にあるように、プロの世界は厳しい。
この先、かつての仲間が敵になることだってあります。
それを乗り越えた者だけが夢を掴むことができるのかもしれなません。

がんばれフタフタ!
そして、イヤホンズ…だぞっ!!!(><☆)

関連記事

   
ページ上部へ戻る