七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【それが声優!】7話 吹き替え、オーディオブック、ゲーム…様々なお仕事に大奮闘!ゲストは大物吹き替え声優

「今日は地球人でお願いねっ。」

 

七星ななです(・v・☆)
アニメ『それが声優!』7話、感想いくぞ☆

 

【ネタバレ注意】
※アニメ『それが声優!』7話のネタバレがあります。

 

★第7話「吹き替え」

偶然にも同じ日に同じスタジオの同じ時間に別々の仕事をすることとなったイヤホンズの3人。
双葉(一ノ瀬双葉)は洋画の吹き替え、いちご(萌咲いちご)はオーディオブック、鈴(小花鈴)はゲーム。
それぞれが初めての仕事に苦戦しながらも奮闘する。
そんな中、双葉はかつて一緒に仕事をした先輩声優の家守(CV:檜山修之)と再会する。

 

20150819_soregaseiyuu!(ep071)_03
©あさのますみ・畑健二郎/イヤホンズ応援団

同じスタジオの同じ時間での別々の仕事に運命を感じる三人。

いちご「もはや…偶然というより、運命!?」

 

20150819_soregaseiyuu!(ep071)_05
©あさのますみ・畑健二郎/イヤホンズ応援団

家守と再会する双葉。
緊張のあまり(?)お腹が鳴る。

家守「本番中に鳴らすなよ…。」

 

20150819_soregaseiyuu!(ep071)_06
©あさのますみ・畑健二郎/イヤホンズ応援団

またまた大物声優と出会う双葉。
大好きな映画をネタバレされてショックを受ける。

 

20150819_soregaseiyuu!(ep071)_07
©あさのますみ・畑健二郎/イヤホンズ応援団

出だしで原稿を読み間違えてしまった、いちご。
女性ディレクターにいちご姫と呼ばれてはにかむ。

 

20150819_soregaseiyuu!(ep072)_09
©あさのますみ・畑健二郎/イヤホンズ応援団

無事に仕事を終えて再び顔を合わせる3人。
自分たちの成長を少なからず感じる。

いちご「私たちも、少しは変わったかな…?」
双葉「うん…、多分!

 

★7話の注目シーン

20150819_soregaseiyuu!(ep071)_01☆
©あさのますみ・畑健二郎/イヤホンズ応援団

今回のご本人様は小山力也さん!
外国映画の吹き替えと言ったら、この名前が浮かぶ人は多いのでは!?

そして小山さんと言えば、やっぱり『24 -TWENTY FOUR-』のジャック・バウアー。
ジャック・バウアーを演じたキーファー・サザーランドさんの顔を見ると小山さんの声が自然と聞こえるくらいハマっていました!

もちろんアニメの方でも活躍中☆
『キャプテン・アース』の西久保ツトム役、『うしおととら』のとら役、『食戟のソーマ』の幸平城一郎役など。
最近では、主人公と最も関連の深い物語の重要キャラクターを演じていることが多い印象です♪

 

20150819_soregaseiyuu!(ep071)_02☆
©あさのますみ・畑健二郎/イヤホンズ応援団

横断歩道を渡る双葉たち。
なんでこのシーン?と思うかもしれないけど、鈴の行動に注目だぞ☆

横断歩道を渡り切った所にある段差を意識して荷物を運んでいます。
実に演出が細かいですっ!
因みにこの荷物については、直後のシーンで触れているます。
おそらくこのあからさまな細かい演出はそのシーンの伏線的な意味合いもあるのではないでしょうか?

 

★7話の感想

洋画の吹き替えに、朗読、ゲームキャラクター…etc
声優という職業は本当に幅が広いぞっ!

同じ声の仕事でありながら、全く異なる特徴を持っているのもまた面白いですっ☆
奮闘する双葉たちの様子を通して難しさ、そして楽しさがよく伝わってきました♪

イヤホンズのようなユニットやソロ活動、舞台劇など他にもまだまだあります。
もはやエンターテイメントのエキスパートと言ってもいいのではないでしょうか!?

うーん、声優って本当にスゴイぞ∑(・д・☆)
家守役の檜山修之さんにゲスト出演していただいて、家守との共演が見てみたいです|v・☆)こそっ

関連記事

   
ページ上部へ戻る