七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【がっこうぐらし! SCHOOL-LIVE!】7話 更にゾンビが増えたOP!学園生活部に助けはくるのか!?届け伝書鳩!

「毎晩…、その夢を見るわ…。」

 

七星ななです(・v・☆)
アニメ『がっこうぐらし! SCHOOL-LIVE!』7話、感想いくぞ☆

 

【ネタバレ注意】
※アニメ『がっこうぐらし! SCHOOL-LIVE!』7話のネタバレがあります。

 

★♯07「おてがみ」

お風呂を嫌がる太郎丸を捕まえようと部室を駆け回る、ゆき(丈槍由紀)。
勢い余って戸棚にぶつかった際、偶然めぐねえ(佐倉慈)の私物を見つける。
箱の中に入っていた綺麗な柄の便箋を見たゆきは、手紙を書こうと提案。
学校から手紙を出す手段として、くるみ(恵飛須沢胡桃)が思いついたのは伝書鳩だった。

 

20150822_gakkougurashi!(ep07)_03
©Nitroplus/海法紀光・千葉サドル・芳文社/がっこうぐらし!製作委員会

『方丈記』を詠む、ゆきの姿を親友の圭(祠堂圭)と重ねる、みーくん(直樹美紀)。

みーくん「友達が好きだったんです…。」

 

20150822_gakkougurashi!(ep07)_04
©Nitroplus/海法紀光・千葉サドル・芳文社/がっこうぐらし!製作委員会

怖い夢にうなされて目が覚める、ゆき。
みーくんにどんな夢かと尋ねられる。

ゆき「うーん…、忘れちゃった。」

 

20150822_gakkougurashi!(ep07)_11
©Nitroplus/海法紀光・千葉サドル・芳文社/がっこうぐらし!製作委員会

お風呂がイヤで逃げ回る太郎丸。
帽子を取られて追いかける、ゆき。

ゆき「帽子返してよ~~~~~~~~~~~~~っ!」

 

20150822_gakkougurashi!(ep07)_14
©Nitroplus/海法紀光・千葉サドル・芳文社/がっこうぐらし!製作委員会

伝書鳩実現の為にひとりミッションを遂行する、くるみ。
背後に回ってそっと忍び寄るが…

 

20150822_gakkougurashi!(ep07)_19
©Nitroplus/海法紀光・千葉サドル・芳文社/がっこうぐらし!製作委員会

それぞれの思いを綴った手紙を飛ばす、学園生活部の部員たち。
りーさん(若狭悠里)命名のアルノー鳩錦二世を先頭に色とりどりの風船が青い空に舞った!

 

★7話のアナザーワールド

20150822_gakkougurashi!(ep07)_01☆
©Nitroplus/海法紀光・千葉サドル・芳文社/がっこうぐらし!製作委員会

7話のOPの冒頭のシーンから。
6話とはOPアニメーションが微妙に変化しているぞ☆

いや、今回は微妙とは言えないかもしれません…!?
エフェクトがゾンビの手になっていて、とっても怖いです∑(・д・☆)

何故今回改めてOPのモデルチェンジを取り上げたかというと、1話~2話と同じく6話~7話の変化は見た目としてかなりはっきりしてるからです。
おそらく6話と7話がストーリーの分岐点というかターニングポイントなのではないでしょうか!?

参考記事:【がっこうぐらし! SCHOOL-LIVE!】6話 めぐねえの存在…ついに真実が明らかに!変化したED、次回予告

 

20150822_gakkougurashi!(ep07)_02☆
©Nitroplus/海法紀光・千葉サドル・芳文社/がっこうぐらし!製作委員会

屋上に立てられた、めぐねえの墓標
OPの中盤あたりで映像が流れます。

6話までは桜の木を背にして笑顔で振り返るめぐねえ、というカットでした。
多分ゆきの記憶の中のめぐねえの姿なのではないでしょうか…!?
そしてこれは現実のめぐねえの姿…。

また、ここでは他に教室の生徒たち、みーくんの親友の圭、太郎丸、めぐねえのカットが連続的に流れ、OPのモデルチェンジの度に変化しています!

これはもしかして太郎丸に○○フラグ!?なんていうよからぬ想像も…。
シビアな描写を惜しまないこのアニメなら…もしかして…∑(・д・☆)

この他にも変わっているところがあるので、ぜひ探してみて欲しいぞ☆
ななが確認したところ、OPとEDの変化は1話から数えて4回目(1話、2話、5話、7話)
※ほかにもあったら、ななまで教えてください☆

その変化を改めて見返してみると、言いようのない不気味さがありますΣ(・ω・☆|||
屋上で空を見上げるシーンとか、りーさんたちにゆきが抱き付くシーンとか、一体最後はどんなOPになってしまうんでしょうか!?
色々想像すると夜ひとりでトイレに行けな…夜も眠れないぞ…( ´・ω・☆)

これぞまさにOPのアナザーワールド化!?

 

★7話の感想

今回はこれまで以上に映像、音、セリフなど見所だらけでしたΣ(・v・☆)

ストーリーや世界観の核心に迫るような重要な回。
ゆきの心理変化や、りーさんの重みのある言葉も見逃せません。

学園生活部の中でみーくんは、ある意味最も視聴者に近い存在です。
みーくんとゆきたち学園生活部の出会いはきっと運命的なもの…!

その結末がどちらに転ぶかは分かりません…!
どんな結末でも、彼女たちの生きざまを最後まで見届けたいぞ☆


関連記事

   
ページ上部へ戻る