七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【それが声優!】8話 イヤホンズの初ライブでトラブル発生!フタフタ、いちご、リンリンはどうする!?

「だから覗いてはいけないと言ったのに…。」

 

七星ななです(・v・☆)
アニメ『それが声優!』8話、感想いくぞ☆

 

【ネタバレ注意】
※アニメ『それが声優!』8話のネタバレがあります。

 

★第8話「ナレーション」

双葉(一ノ瀬双葉)、いちご(萌咲いちご)、鈴(小花鈴)の新人声優3人で結成されたイヤホンズ。
デビューシングル“耳の中へ”発売を記念してミニライブイベントを開催。
会場にやってきた双葉たちは予想以上の広さに緊張するが、時間になってもなかなか席が埋まらない。
スタッフの頑張りによって何とかセッティングを完了させ、ついにイヤホンズの3人が登場。
メンバーの自己紹介も無事終了し、早速デビュー曲披露という時に何と曲が流れない…!?

20150826_soregaseiyuu!(ep08)_06
©あさのますみ・畑健二郎/イヤホンズ応援団

ミニライブでステージに登場したイヤホンズの3人。
司会を務める海原プロデューサーからの無茶振りに鈴は…

鈴「えっと…、こう…ですか…?」

 

20150826_soregaseiyuu!(ep08)_04
©あさのますみ・畑健二郎/イヤホンズ応援団

デビューシングル“耳の中へ”を熱唱するイヤホンズ。

鈴・いちご・双葉「耳の中へ~、おじゃましますね~♪」

 

20150826_soregaseiyuu!(ep08)_07
©あさのますみ・畑健二郎/イヤホンズ応援団

佐賀からやって来たという双葉ファンの男性。
コロリ(息の根コロリ)の声マネが上手すぎ…!?

男性「オークションでそれなりの値段がしたコロ~!」

 

イヤホンズのミニライブも無事に終了。
自宅で反省する双葉の元に新たな仕事の電話がかかってくる。
それは双葉にとって未知の領域にあるナレーションの仕事だった。

20150826_soregaseiyuu!(ep08)_08
©あさのますみ・畑健二郎/イヤホンズ応援団

ひとりテレビ局へとやってきた双葉。
建物の広さと独特の空気に圧倒される。

双葉「私…、業界人みたい…。」

 

20150826_soregaseiyuu!(ep08)_09
©あさのますみ・畑健二郎/イヤホンズ応援団

映像を見ながら声をあてる双葉。

双葉「こ~んにちは~。ナマケモノのなまちゃんです~。」

 

20150826_soregaseiyuu!(ep08)_10
©あさのますみ・畑健二郎/イヤホンズ応援団

家路の途中でナレーションにふける双葉。

双葉「ひとつの仕事を終えて家路につく一ノ瀬双葉…。」
双葉「声優としての日々は苦難の連続ですが、街の明かりは行く手を照らすかのように光り輝き…。」
双葉「星は祝福するように光り輝くのでしたーっ…!」

双葉「…なーんてねっ!

 

★8話の注目シーン

20150826_soregaseiyuu!(ep08)_01☆
©あさのますみ・畑健二郎/イヤホンズ応援団

真地「昔の現場でね、映像はゴリラなのに、“やあ!ぼくキリン!”って言っちゃった新人の子がいて…。」

今回は主にバラエティ番組などのナレーションで活躍する真地勇志(まち ゆうじ)さんがアニメの本人役として登場!
これまた今までとは一風違ったアプローチで、見応え&聴き応え充分☆
なので、こっちもセリフ付きで紹介してみました♪

前回、7話でいちごがオーディオブックの仕事を初めて経験した時、アニメの時とは違った声の調子をディレクターさんから要求されていたシーンを思い出しました。
今回の真地さんの演技もナレーションと、本人役としてのセリフはやっぱり微妙に違っていました。
しっかりと演じ分けているのは、プロだからと分かっていてもやっぱり凄い!

それを考えると双葉、いちご、鈴役の声優さんも新人らしいぎこちなさや失敗例や成功例を意図的に演じ分けているのだから…、本当に凄いの一言。
上手く演じるより下手に演じる方がプロにとっては難しいんじゃないかとも思う。
声優という職業の幅広さにも驚いたけど、声優さんたちの適応能力の高さにも驚かされる。

このアニメは基本的にヘッドフォンでの視聴を推奨する。
というのは単純に声が聞き取りやすいからという理由の他に、本人役のセリフに込められた声優さんたちのリアルな思い、つまり“心の声”を感じ取れるから。
特にキャリアを積んだベテラン声優が双葉たち新人声優にかける言葉には演技を超えた重みがある。
このコーナーの最初に書いた“セリフの気になる点”もそういうこと。

声優さんたちの“心の声”を堪能したい方は是非!

 

★8話の感想

『それが声優!』は、ごく普通の日常や現場を、魅力的に表現しています。
応援してくれるファンの存在があるから頑張れる、良いことばかりじゃなく、辛いことや大変なことも描いてるからそれが伝わります!さて、9話のサブタイトルは“マネージャー”
双葉たちはそれぞれ所属事務所が異なり、それぞれにマネージャーさんがついています!
次回も色々と勉強になりそうだぞ☆

関連記事

   
ページ上部へ戻る