七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【なな百科:キャラクター紹介】『〈物語〉シリーズ』斧乃木 余接(おののき よつぎ)

なな情報局の辞書、なな百科ではついつい萌えちゃうあのキャラや、かっこいいあのキャラ…気になる謎キャラを紹介するぞ(>ω<☆)ノ

今回は『〈物語〉シリーズ』の斧乃木 余接ちゃん!

※メディアミックス作品のため情報はアニメやゲームなどが混在しています。
※一部ネタバレがあるので、注意してください。

 

★斧乃木 余接(おののき よつぎ)

きゃらスリーブコレクション マットシリーズ 「憑物語」斧乃木余接 (No.MT131)

 

★キャラクター概要

西尾維新氏による小説『〈物語〉シリーズ』およびそれを原作としたアニメ作品『憑物語』などに登場するキャラクターの1人。
死体から造られた憑喪神の童女で、人形のようにいつも無表情。
怪異であるため、他者の影響を受けやすく、会うたびに性格や口癖が変わっている。
口癖は「僕はキメ顔でそう言った」。

※詳しい作品情報はこちら
【なな百科:アニメ紹介】『〈物語〉シリーズ』

 

★プロフィール

CV:早見沙織
外見年齢:12歳
一人称:僕
容姿:人形のようにいつも無表情
性格:たびたび変わり安定しない
苦手なもの:忍野忍
口調:口癖がよく変わるため安定しない

 

★使用技

例外のほうが多い規則(アンリミテッド・ルールブック)
肉体の一部を一瞬で肥大化させて攻撃する必殺技。

 

★関連楽曲

オレンジミント
オレンジミント

 

★名言、迷言

「よろしく、鬼のお兄ちゃん―――僕はキメ顔でそう言った」
「仲違いしたってわけじゃなくとも、時間が経過すれば人は簡単にばらばらになっていく。」
「結局、人間ってのはみんな、思いのほか口が軽いようでいて口が重い――ちゃんとしていない世の中を、ちゃんとしている風に見せられるくらいには。」
「人間は化物(こう)なってしまえば―――おしまいだ」
「誰もが何かを為すときには対価が必要という話だ――ろ?」

 

★関連グッズ



関連記事

   
ページ上部へ戻る