七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【がっこうぐらし! SCHOOL-LIVE!】12話 最終回!絶対絶命の学園生活部…生き残って無事に卒業できるのか!?

「下校時刻になりました。まだ学校に残っている生徒は、早くお家に帰りましょう。」

 

七星ななです(・v・☆)
アニメ『がっこうぐらし! SCHOOL-LIVE!』12話、感想いくぞ☆

 

【ネタバレ注意】
※アニメ『がっこうぐらし! SCHOOL-LIVE!』12話のネタバレがあります。

 

★♯12「そつぎょう」

散り散りになった学園生活部の部員たち。
“死”の瞬間は刻一刻と迫っていた。
めぐねえ(佐倉慈)に別れを告げ、放送室へと急ぐ、ゆき(丈槍由紀)。
行く手を阻むゾンビの群れに立ち向かうが、力及ばず囲まれてしまう。
その時、飛び込んできた1つの影。
ゆきを救ったのは深手を負った太郎丸だった。

 

20150925_gakkougurashi!(ep12)_01
©Nitroplus/海法紀光・千葉サドル・芳文社/がっこうぐらし!製作委員会

放送室でアナウンスする、ゆき。
みんなに“がっこう”への熱い思いを伝える。

ゆき「私はこの学校が大好きです…!」

 

20150925_gakkougurashi!(ep12)_08
©Nitroplus/海法紀光・千葉サドル・芳文社/がっこうぐらし!製作委員会

元気になったくるみ(恵飛須沢胡桃)に泣きつく、ゆき。
目を覚ましたりーさん(若狭悠里)は…

くるみ「おはよう…。」

 

20150925_gakkougurashi!(ep12)_02
©Nitroplus/海法紀光・千葉サドル・芳文社/がっこうぐらし!製作委員会

みーくん(直樹美紀)のひざの上で微笑む、太郎丸。
最期の“言葉”を残して静かに息を引き取る。

太郎丸「ワウ…!

 

20150925_gakkougurashi!(ep12)_04
©Nitroplus/海法紀光・千葉サドル・芳文社/がっこうぐらし!製作委員会

卒業式で答辞を述べる、ゆき。
学校での思い出を振り返り、涙があふれる。

ゆき「みんなと一緒に卒業できて…、嬉しいです!」

 

20150925_gakkougurashi!(ep12)_05
©Nitroplus/海法紀光・千葉サドル・芳文社/がっこうぐらし!製作委員会

学校を後にして、次の目的地へと向かう4人。
ふとすれ違った生徒に圭(祠堂圭)の姿を重ねる、みーくん。

みーくん「私たち…、本当に、学校が大好きなんだな…って…。」

 

20150925_gakkougurashi!(ep12)_06
©Nitroplus/海法紀光・千葉サドル・芳文社/がっこうぐらし!製作委員会

ゆきたちが空へ飛ばした“手紙”を拾う、女性。
彼女は一体…

 

★12話のアナザーワールド

20150925_gakkougurashi!(ep12)_11
©Nitroplus/海法紀光・千葉サドル・芳文社/がっこうぐらし!製作委員会

学園生活部の4人が書いた、めぐねえへの寄せ書き
卒業式と言ったらこれ!

最終話の中でも1番感動したシーンだぞ(><☆)

本当にみんなめぐねえが大・大・大好き
そして常に傍らで見守っていためぐねえも、みんなのことが大・大・大好きなんだと思いました!!

 

★12話の感想

ゾンビたちは敵意を見せて襲い掛かって来てるわけじゃなく、作中で常に言われていたように生前の記憶が残っています。
見た目はおぞましい姿のゾンビですけど、彼らの行動自体はゆきたちと同じ学校生活をしていたんです!真のテーマというか、作者が最も伝えたかったことはホラーの方じゃなくて、“がっこう”の方でした!!
そして気になるのはやっぱりラストシーン(|||・ω・☆)
ゆきたち以外にも生存者が!?
おそらく物語にはまだまだ続きがあるんだと思います☆最後に『がっこうぐらし!』に携わったスタッフの皆さんと素敵な女の子たちを演じ切ったキャストの皆さん、感謝の意を述べたいと思います。
記憶に残る素晴らしい作品をありがとうございました!


関連記事

   
ページ上部へ戻る