七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【なな百科:キャラクター紹介】『魔法科高校の劣等生』司波 達也(しば たつや)

なな情報局の辞書、なな百科ではついつい萌えちゃうあのキャラや、かっこいいあのキャラ…気になる謎キャラを紹介するぞ(>ω<☆)ノ

今回は『魔法科高校の劣等生』の司波 達也お兄様!

※メディアミックス作品のため情報はアニメやゲームなどが混在しています。
※一部ネタバレがあるので、注意してください。

 

★司波 達也(しば たつや)

きゃらスリーブコレクション マットシリーズ 魔法科高校の劣等生 司波達也 (No.MT053)

 

★キャラクター概要

佐島勤氏によるライトノベル、およびテレビアニメ『魔法科高校の劣等生』に登場するキャラクターの1人。
本作の主人公。
筋肉質な体つきをしているが着痩せするタイプ、容姿は自己評価で中の上、女子生徒からの評価は「まあまあ」とそこそこの評価を下されている。
魔法科高校では劣等生とされ冷遇されているが、実は骨折や出血多量の致命傷を負っても一瞬で再生できる。
一人で戦艦を一瞬で消滅させるなど、世界に殆どいない戦術級の能力の持ち主。

生来使える魔法は分解と再構築だけで、通常の魔法の才能を持たずに生まれるが、6歳のとき「人造魔法師実験」の被験者にされ、「人工魔法演算領域」を与えられた唯一の成功例となる。
魔法科高校における実技の成績が悪いのは、「人工魔法演算領域」の性能が一般的な魔法師が生来持つ演算領域と比べて著しく劣るため。

演算領域のスペースを確保するために意識領域内の「強い情動を司る部分」をたった一つの感情を除いて全て消失させられたため、ある振れ幅以上の感情は発生させることができなくなった。
達也に残された、ただ一つ激情を感じ得る衝動は「深雪への兄妹愛」のみで、妹が絡むと普段の態度からは考えられない行動を見せる。

お兄様、達也さんなどの呼び方をされている。

 

★プロフィール

CV:中村悠一
誕生日:2079年4月24日(おうし座)
身長:175cm
性格:非常にクール、シスコン
学年:1年E組(二科生) → 2年E組(魔工科生)
所属:風紀委員会 → 生徒会副会長 → 生徒会書記長
使用魔法:分解、再成
家族構成:父、叔母、妹

 

★能力

分解
収束、発散、吸収、放出の複合魔法で、物体・魔法を問わず全てを構成要素にまで分解する。
最大の技は、質量を一切のロスなくエネルギーに転換する「マテリアル・バースト」で、放射能こそ出さないものの、その威力は核兵器に匹敵する。
戦場では「悪魔の右手(デーモン・ライト)」と呼ばれる。

再成
物体を24時間前までの状態に「戻し」、現実のそれに上書きする事が出来る。
「治す」訳ではなくイデア世界にあるバックアップをそのまま「持ってくる」ため、一般的な魔法による治癒・修復と異なり継続的に術をかけ続ける必要が無い。
しかし、傷を負った時点までの過去の情報を全てロードする必要があり、その際対象が受けたダメージによる痛みを凝縮し、負傷者の痛みを百五十倍の痛みにして、自分で体感しなければならない。
戦場では「神の左手(ディバイン・レフト)」と称される。

精霊の目
「分解」「再成」の副産物。
イデア世界にアクセスし、周囲の魔法式を全て見通すことが出来る。
これにより肉眼で見える相手の手の内をすべて読み、適切に対処することが可能になる。
地味ながら、達也の強さを支えている大事な能力。

フラッシュ・キャスト
四葉家の洗脳技術を応用した瞬間記憶能力。
記憶領域に起動式をイメージ記憶として刻み付け、記憶からロードすることで高速発動ができる。
達也の場合、仮想魔法演算領域が意識内にあることを利用し、記憶領域に魔法式をイメージ記憶として刻み付けることにより、魔法式構築の時間すら省略可能である。
ただし一定以上の工程を持つ魔法では、魔法式読み出しに時間がかかるため、かえって遅くなる。

仮想魔法演算領域
脳の余ったスペースである情動を司る部分をリセットし、人工的な魔法演算領域を植え付けるというもの。
ただし容量が違い過ぎるので、この演算領域の性能は低く、特に魔法の発動速度に関しては「劣等生」そのものである。
達也が「最低限の情緒」を除いた感情を持てなくなった原因。

バリオン・ランス
近接戦闘用に開発した魔法。
トライデントに炭素繊維でできた銃剣を装着し、銃剣をバリオンにまで分解した後、それを相手に向かい秒速1万キロで射出する。
撃ち込まれた対象は水分を超高温に熱せられ破裂、即死する。

 

★関連楽曲

魔法科高校の劣等生 オリジナルサウンドトラック2
魔法科高校の劣等生 オリジナルサウンドトラック 2
grilletto
grilletto(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)

 

★名言、迷言

「血がつながっていなければ恋人にしたい」
「学校では評価されない項目ですからね」
「誰もが等しく優遇される平等な世界、そんなものはあり得ません。才能も適性も無視して平等な世界があるとすれば、それは誰もが等しく冷遇された世界。」

 

★関連グッズ



関連記事

   
ページ上部へ戻る