七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【なな百科:キャラクター紹介】『Fate/stay night』アーチャー/ギルガメッシュ

なな情報局の辞書、なな百科ではついつい萌えちゃうあのキャラや、かっこいいあのキャラ…気になる謎キャラを紹介するぞ(>ω<☆)ノ

今回は『Fate/stay night』のギルガメッシュさん!

※メディアミックス作品のため情報はアニメやゲームなどが混在しています。
※一部ネタバレがあるので、注意してください。

 

★ギルガメッシュ

ブシロードスリーブコレクションHG (ハイグレード) Vol.391 Fate/Zero 『アーチャー』

 

★キャラクター概要

TYPE-MOONのアドベンチャーゲーム『Fate/stay night』、およびその派生作品に登場する使い魔(サーヴァント)の青年。
マスターは作品によって異なり、『Fate/stay night』では間桐慎二、『Fate/Zero』では遠坂時臣、言峰綺礼。

7騎のサーヴァントによる闘いであるはずの聖杯戦争における8騎目のイレギュラーとしてセイバーたちの前に突如現れる。
その正体は『Fate/Zero』で描かれた、10年前の第4次聖杯戦争にて召喚され、受肉して10年を現世で過ごしたアーチャーのサーヴァント。
前回の戦いからセイバーに強い執着を持っている。

※詳しい作品情報はこちら
【なな百科:作品紹介】『Fateシリーズ』

 

★プロフィール

CV:関智一/遠藤綾(幼年体)
クラス:アーチャー
年齢:不明
誕生日:不明
血液型:不明
身長:182cm
体重:68kg
属性:混沌・善
イメージカラー:金
特技:お金持ち
好きなもの:自分、権力
苦手なもの:自分、蛇
性格:オレ様主義で尊大

 

★登場作品ごとの役柄

Fate/stay night
存在しないはずの8体目のサーヴァントとして姿を現す。
第四次聖杯戦争の生き残りで戦争終結後も、消滅せずに現界し続けていた。

Fate/hollow ataraxia
若返りの薬で変身した幼年体として登場し、大人状態で登場することはほぼない。
ランサーやアーチャーとの釣りイベントでは多くの子供達を引き連れ、釣りを楽しんでいる。

Fate/Zero
第四次聖杯戦争で遠坂時臣によって召喚される。
聖杯そのものに興味はなく、自身の財を奪おうとする者を潰すための参加。
戦争終盤において自身の本質に覚醒した言峰に説得され、マスターである時臣を見殺しにし、言峰に乗り換える。
最終決戦ではセイバーと死闘を繰り広げるも聖杯からの泥を被り一時退場。
その後、泥の呪いを跳ねのけることで復活し、この世に受肉することになった。

Fate/EXTRA CCC
プレイヤーのサーヴァントとして登場。
彼の発言はネタバレが多く、一周していないとプレイヤーが置いてけぼりになることがあるので、公式からは二週目での選択を推奨されている。

 

★宝具

王の財宝(ゲート・オブ・バビロン)
ギルガメッシュの代名詞とも言える宝具で、ありとあらゆる宝具を収める宝物庫とそこへ繋がる鍵。
あらゆる宝具の原典を内包しており、一撃一撃が必殺の威力を持つ原点宝具を、遠距離からさながら絨毯爆撃のように雨あられと撃ち込む戦法を行なえる。
その火力は平均的なサーヴァントの5倍以上とされている。

天地乖離す開闢の星(エヌマ・エリシュ)
かつて混沌とした世界から天地を分けたといわれる究極の一撃。
「乖離剣エア」から放たれる究極の空間切断であり、風の断層は擬似的な時空断層までも生み出す。

天の鎖(エルキドゥ)
古代においてウルクを襲った神獣「天の雄牛」をも束縛した鎖。
エアと同等以上にギルガメッシュが信頼し、「友」とまで呼び好んで使用する宝具。
能力は「神を律する」ことで、相手の神性が高ければ高いほど硬度が高まる。
神性を持たないものにとってはただの頑丈な鎖だが、伊達に神を律するための宝具ではなくバーサーカーを拘束した際には令呪を用いての空間転移すら許さなかった。

 

★関連楽曲

ring your bell
ring your bell(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)

 

★名言、迷言

「粋がるなよ雑種。この世の贅と快楽を貪り尽くした王の言葉だぞ。まぁ黙って聞いておけ」
「はっはっは。騒々しいぞ雑種ども。まわりのオケラどもに迷惑であろう」
「侮るな。あの程度の呪い、飲み干せなくて何が英雄か。この世全ての悪? は、我を染めたければその三倍は持ってこいというのだ。よいかセイバー。英雄とはな、己が視界に入る全ての人間を背負うもの。―――この世の全てなぞ、とうの昔に背負っている」
「―――憎らしい女だ。最後まで、この我に刃向かうか、だが許そう。手に入らぬからこそ、美しいものもある。ふん―――ならばこそ、我がおまえに敗れるは必定だったか。ではな騎士王。―――いや、中々に愉しかったぞ」

 

★関連グッズ



関連記事

   
ページ上部へ戻る