七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【2016年冬アニメ】昭和の落語界が舞台『昭和元禄落語心中』OP主題歌は林原めぐみ×椎名林檎の超豪華タッグ!

2016年1月より「アニメイズム」枠で放送開始予定のTVアニメ『昭和元禄落語心中』のオープニングテーマを、林原めぐみさんと椎名林檎さんのタッグが手がけることが明らかになりました。

20151007_rakugo01
(画像:アニメ「昭和元禄落語心中」公式Twitterより)©雲田はるこ・講談社/落語心中協会

林原めぐみさんは『らんま1/2』女らんま、『スレイヤーズ』リナ=インバース、『新世紀エヴァンゲリオン』綾波レイ、『名探偵コナン』灰原哀役など、数多くの人気作、人気キャラクターを演じている声優であり、『スレイヤーズ』シリーズの各主題歌をはじめ数多のヒットアニソンを歌っているアーティスト。
現在では定着した「声優アーティスト」という地位を確立した第一人者です。
そして、椎名林檎さんは1998年にデビューし、「ここでキスして。」「本能」「ギブス」「NIPPON」など、数多くのヒット作を世に送り出した大人気女性アーティスト。
1stアルバム「無罪モラトリアム」は邦楽の歴史に燦然と輝く名盤として知られ、以降のアルバムも非常に高い評価を得ており、2004~2012年にはバンド「東京事変」のボーカルとしても活躍した、日本を代表するソロアーティストです。

そんな「アニメ界の女王」と「歌舞伎町の女王」による夢のコラボが今回実現。
オープニングテーマ(タイトル未定)の作詞・作曲・編曲・ボーカルディレクションを椎名さんが、歌唱を林原さんが担当。
林原さんは声優としても本作に参加する予定です。

 

★作品紹介

昭和元禄落語心中
20151007_rakugo02
20151007_rakugo04
20151007_rakugo05
20151007_rakugo06
20151007_rakugo07
20151007_rakugo08

原作は季刊コミック誌「ITAN」で連載中の、雲田はるこ氏による落語マンガ。
昭和の落語界を舞台に、元チンピラの落語家・与太郎の人生を通し、落語の栄光と落陽を描いた意欲作です。
2015年より、単行本第7巻および第8巻の特装版に付属するOADで「与太郎放浪編」をアニメ化。
2016年スタートのTVアニメは、そのOADに続く「八雲と助六編」が描かれます。

 

★スタッフ

監督は『さんかれあ』の畠山守氏。
シリーズ構成は熊谷純氏、キャラクターデザインは細居美恵子氏が担当。
アニメーション制作はスタジオディーンが行います。

 

★キャスト

与太郎(CV:関智一)
20151007_rakugo09

 

八代目有楽亭八雲(CV:石田彰)
20151007_rakugo10

 

小夏(CV:小林ゆう)
20151007_rakugo11

 

助六(CV:山寺宏一)
20151007_rakugo12

 

松田(CV:牛山茂)
20151007_rakugo13

 

みよ吉(CV:林原めぐみ)
20151007_rakugo14
(画像:アニメ「昭和元禄落語心中」公式WEBサイトより)©雲田はるこ・講談社/落語心中協会

 

★告知動画

TVアニメ「昭和元禄落語心中」PV① rakugo shinju animation PV1

(アニメ「昭和元禄落語心中」公式WEBサイトより)©雲田はるこ・講談社/落語心中協会

 

★ななコメント

落語アニメというと「じょしらく」を思い浮かべる人が多いと思いますが、この「昭和元禄落語心中」は「じょしらく」とはベクトルが違う、落語界の歴史を繙くアニメです!

今回主題歌を制作する椎名林檎さんは、アニメへの提供こそ少ないですけど、本作の世界観にピッタリのアーティストで、素晴らしい主題歌になっていると思います♪

林原さんのパワフルなボイスで歌われるその曲を早く聴いてみたいぞ☆

 

関連記事

   
ページ上部へ戻る