七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【櫻子さんの足下には死体が埋まっている】1話 続きが気になる本格派ミステリー!推理シーンが幻想的でカッコイイ

「やあ…、こんにちは。」

 

七星ななです(・v・☆)
アニメ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』1話、感想いくぞ☆

 

【ネタバレ注意】
※アニメ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』1話のネタバレがあります。

 

★第壱骨「骨愛ずる姫君」

桜咲く季節、高校1年生の館脇正太郎は校門の前で猫の死骸を発見。
クラスメイトの今居陽人と偶然居合わせた隣のクラスの鴻上百合子、担任の磯崎らと共に校庭の桜の木の根元に埋葬する。
標本士の九条櫻子と“骨探し”をする為、とある海岸へとやってきた正太郎。
そこで見つけたのは人間の頭蓋骨だった。

 

20151008_sakurakosannoashimoto(ep01)_04
©2015 太田紫織・エブリスタ / KADOKAWA /『櫻子さん』製作委員会

猫の死体を埋葬する、正太郎(館脇正太郎)たち。
その状況にあるフレーズが思い浮かぶ。

“桜の木の下には…死体が埋まっている…。”

 

20151008_sakurakosannoashimoto(ep01)_05
©2015 太田紫織・エブリスタ / KADOKAWA /『櫻子さん』製作委員会

死んだ動物の骨拾いに同行する、正太郎。
櫻子(九条櫻子)のお気に入りのロックに耳を塞ぐ。

 

20151008_sakurakosannoashimoto(ep01)_08
©2015 太田紫織・エブリスタ / KADOKAWA /『櫻子さん』製作委員会

頭蓋骨を愛でながら解説する、櫻子。
骨に対する“うんちく”は止まるところを知らない…。

 

20151008_sakurakosannoashimoto(ep01)_09
©2015 太田紫織・エブリスタ / KADOKAWA /『櫻子さん』製作委員会

警察に通報する、正太郎。
その事実を知らずに頭蓋骨を愛でる、櫻子。

櫻子「ほぉ~、これはこれは。」

 

20151008_sakurakosannoashimoto(ep01)_13
©2015 太田紫織・エブリスタ / KADOKAWA /『櫻子さん』製作委員会

事件の真相をクールに解き明かす、櫻子。
ついでに大事そうに抱えているモノの正体も発覚!?

 

★1話の注目シーン

20151008_sakurakosannoashimoto(ep01)_01
©2015 太田紫織・エブリスタ / KADOKAWA /『櫻子さん』製作委員会

こちらはおそらく毎回登場すると思われる櫻子さんの推理シーン。
恐竜らしき骸骨の群れが幻想的なCGと音楽によって描かれています♪

推理シーンと言えばミステリー作品の見せ場
そして決め台詞は…

さあ、謎を解こうじゃないか…!

とってもかっこいいぞっ☆

また、検死シーンは結構リアルで死体の描写は刺激強めになっています。
専門用語も数多く出てくる、本格派ミステリー!
“死体”ということなので対象は人間とは限らないのかもしれません…。
実際に1話の冒頭では猫の死骸が登場しています。

これは単なる推理ものではないのかも…∑(・д・☆)

 

20151008_sakurakosannoashimoto(ep01)_03
©2015 太田紫織・エブリスタ / KADOKAWA /『櫻子さん』製作委員会

冒頭で登場する一際美しく描かれた桜の木
そして、次のシーンでは猫の死体が発見されますΣ(・v・☆)

おそらくこれは意図的に美しく描いているのではないでしょうか!?
“死体が埋まっている”ということでスピリチュアルな意味があるのかもしれません。
霊的な存在は得てして幻想的に描かれることも多いため、何らかのメッセージを感じます。

“桜”と言えば本作の主人公である“櫻子”さんの名前にもなっています☆
彼女の容姿端麗なイメージとも関係してるのかも?

 

★1話の感想

直感的にビビッと来ました!
このアニメはきっと面白い!Σ(・v・☆)
どこか陰がありながら時折デレる櫻子さんがキュートでした♡

微妙な関係(?)の正太郎少年とのコンビもイイ感じだぞ♪
まるで明智小●郎と●林少年みたいな…。
本格ミステリー好きにはオススメの作品だと思います( ˘ω˘☆)

詳しい内容、またどんな作品なのかは、これから徐々に分かる…はず!?
ななのアニメの第一印象は、「桜の木がすごくキレイ☆」でした♪

関連記事

   
ページ上部へ戻る