七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【機動戦士ガンダム THE ORIGIN II】ジオン軍の士官「ランバ・ラル」操る青いモビルワーカーがガンプラで登場

バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」が、劇場版アニメ『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN(ジ・オリジン) II 哀しみのアルテイシア』に登場するジオン軍の士官「ランバ・ラル」が操る青い人型作業機械“モビルワーカー”をガンプラにした「HG 1/144 モビルワーカー MW-01 01式 後期型(ランバ・ラル機)」の予約受付を開始しました。

20151030_gundam-o10

また、新商品として「HG 1/144 モビルワーカーMW-01 01式後期型(マッシュ機)」が発売されました。

 

★商品紹介

HG 1/144 モビルワーカー MW-01 01式 後期型(ランバ・ラル機)
20151030_gundam-o01
20151030_gundam-o02
20151030_gundam-o03
20151030_gundam-o04
20151030_gundam-o05

本商品は、劇場版アニメ『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN(ジ・オリジン) II 哀しみのアルテイシア』にて登場する人型作業機械“モビルワーカー”をコレクションに最適な1/144スケールのガンプラHG(ハイグレード)シリーズで商品化したアイテムです。
“モビルワーカー”は、人型機動兵器「モビルスーツ」の前身となる汎用作業機械とされ、建機のようなディテール(ライト、コックピット、ウインチ)を有しており、本商品でも緻密なモールド(筋彫り)で再現しています。
脚部や胴体部のケーブルには、軟質素材を使用しており、無骨なディテールと独特なプロポーションの質感や可動域を再現。
また、劇中のポーズ再現を可能とする様々な関節可動ギミックを採用。
各部のフレキシブルな可動により、躍動感あるアクションポーズが再現可能です。
また、「HG 1/144 モビルワーカー MW-01 01式 後期型(ランバ・ラル機)」では、パイロット‘ランバ・ラル’操るモビルワーカーとして、青を基調とした機体カラーを成形色で実現。
ランバ・ラル機を表すナンバリングなどを収録した専用シールが付属します。

価格は1,944円(税込)。
商品の発送は2016年1月予定となっています。

 

HG 1/144 モビルワーカーMW-01 01式 後期型(マッシュ機)
HG 1/144 モビルワーカーMW-01 01式後期型(マッシュ機) (機動戦士ガンダム THE ORIGIN)
20151030_gundam-o06
20151030_gundam-o07
20151030_gundam-o08
20151030_gundam-o09

劇中登場時のオレンジを基調とした機体カラー、機体のナンバリングなどを収録したマーキングシールが付属。
劇中でランバ・ラル機とマッシュ機が繰り広げる火花散る模擬戦闘シーンを、HGシリーズキットで再現可能です。

価格は1,944円(税込)。
現在発売中です。

 

★作品紹介

機動戦士ガンダム THE ORIGIN
機動戦士ガンダム THE ORIGIN II [Blu-ray]

『機動戦士ガンダム』のキャラクターデザイン・アニメーションディレクターである安彦良和氏が手掛けた、累計発行部数1,000万部のコミックスをアニメ化する作品。
「シャア・アズナブル」――後にジオン公国軍のエースパイロット“赤い彗星”と呼ばれる男と、その妹「セイラ・マス」の物語を中心に、ドラマチックに描かれるストーリーがアニメ映像として描かれます。
2015年10月31日(土)より『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN II 哀しみのアルテイシア』の上映を開始。

(C)創通・サンライズ

 

★ななコメント

先日アニメ化が発表された「機動戦士ガンダム サンダーボルト」もそうですけど、ガンダムの派生作品は「一年戦争」を描いたものが数多くあります。

その中にあって、この「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」は一年戦争の前日譚で、戦争に至るまでの詳細が描かれている、ガンダムファンのバイブルのような作品だぞ(・v・☆)

10月31日公開のアニメ版2作目は、11月26日にBlu-ray・DVDも発売予定なので、ガンプラと一緒に予約しちゃいましょう!

 

関連記事

   
ページ上部へ戻る