七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【俺がお嬢様学校に『庶民サンプル』としてゲッツ♥された件】11話 愛佳と麗子のツンピュア感動のクライマックス!

「前向きに検討します…。」

 

七星ななです(・v・☆)
アニメ「俺がお嬢様学校に『庶民サンプル』としてゲッツ♥された件」11話、感想いくぞ☆

 

【ネタバレ注意】
※アニメ「俺がお嬢様学校に『庶民サンプル』としてゲッツ♥された件」11話のネタバレがあります。

 

★第11話「公人様が見ていた空はこうではありませんの?」

公人(神楽坂公人)が交わした麗子(有栖川麗子)との“2人きりの約束”。
事情を知らない愛佳(天空橋愛佳)と可憐(神領可憐)は、浮かれる麗子を問い詰める。
いつもの賑やかな庶民部の活動風景…。
そんな中、部室を訪れたメイドの霧生とみゆき(九条みゆき)から声を掛けられる麗子と公人。
学長室で待っていた麗子の母(有栖川鳳子)から伝えられたのは…

 

20151221_oregashominsanpuru(ep11)_05
©七月隆文・閏月戈・一迅社/清華院桜藤会

公人と交わした“2人の約束”。
それは…

麗子「“麗子”と…、呼んで頂きたいです…。」

 

20151221_oregashominsanpuru(ep11)_06
©七月隆文・閏月戈・一迅社/清華院桜藤会

緩んだ場を締める、麗子の母・鳳子。
そして告げられる縁談の話。

鳳子「座りなさい。

 

20151221_oregashominsanpuru(ep11)_02
©七月隆文・閏月戈・一迅社/清華院桜藤会

麗子に優しく接する、兄(有栖川正臣)。
シスコンっぷりを見せつける。

正臣「俺の妹は、世界一可愛い。」

 

20151221_oregashominsanpuru(ep11)_03
©七月隆文・閏月戈・一迅社/清華院桜藤会

愛佳が明かす、お嬢様学校の実態。
納得の行かない公人は本音を漏らす。

公人「俺は…、こんなの良くないと思う…。」

 

20151221_oregashominsanpuru(ep11)_04
©七月隆文・閏月戈・一迅社/清華院桜藤会

ついに麗子奪還に動き出した庶民部員。
その理由をみゆきに問われると…

公人「庶民部の仲間だからだ…!」

 

★11話の注目シーン

20151221_oregashominsanpuru(ep11)_08
20151221_oregashominsanpuru(ep11)_09
©七月隆文・閏月戈・一迅社/清華院桜藤会

愛佳「あんたが居ないと、誰も居ないでしょっ!!
麗子「離れたくない…。可憐様と白亜様と…、そして、愛佳様と一緒に居たいっ…!!

スマホで“初めて”会話する、愛佳と麗子のシーンです。

天然ピュアな麗子の本音を引き出した、愛佳のツンピュア
そんな2人のピュアさが描かれた、ちょっとウルッとくる名場面!

このアニメでは世間知らずのお嬢様たちの言動から色々なことを考えさせられます。
一見するとゲッツ旋風吹き荒れるギャグアニメですが|v・☆)
けど、決して単なるギャグアニメじゃない♪
庶民がいつの間にか失ってしまったピュアな心を思い起こさせてくれます☆

きっとお嬢様と庶民のコラボレーションには、そんなメッセージ性が込められているのではないでしょうか?

 

★11話の感想

はにかむ麗子の表情がキュート♡
超厳しそうなお母様♪
アホっぽいお兄様!

リアルな嬢様学校の実態(裏事情)!
これぞ“庶民サンプル”の真骨頂!?
単なるギャグアニメじゃないんです!

麗子の縁談の行方は?
そして庶民部の運命は?

次回いよいよ最終話です☆

関連記事

   
ページ上部へ戻る