七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

『変猫』さがら総×『デアラ』橘公司×『俺ガイル』渡航!ラノベ作家3人がタッグ『クオリディア・コード』アニメ化

2015年12月19日・20日、幕張メッセで開催の「ジャンプフェスタ2016」にて『クオリディア・コード』のテレビアニメ企画が発表されました。

20151221_qualidea01

本作は実績ある3人のラノベ作家がタッグを組み、アニメオリジナルのストーリーを手がけるシェア・ワールド。
そのメンバーとなるのは、『変態王子と笑わない猫。』著者のさがら総先生、『デート・ア・ライブ』著者の橘公司先生、『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』著者の渡航先生。
ラノベ作家ユニット「Speakeasy」と名乗るこの3人の合計売上は、実に累計1100万部!
そんなヒットメーカーの3人が一つの世界観をシェアし、KADOKAWA・富士見ファンタジー文庫、小学館・ガガガ文庫、KADOKAWA・MF文庫、集英社・ダッシュエックス文庫など出版社レーベルの枠を超えた新しいメディアミックスプロジェクト“Project QUALIDEA”が、様々な形で展開していきます。

その第1弾として発表されたのが、アニメ、小説、コミカライズ。
アニメの脚本は作家3人が全話を担当するとのことです。

これまでとは全く異なる、新たな形の、そしてかつてない広がりを見せそうなビッグプロジェクト。
“Project QUALIDEA”の今後に要注目です!

 

★作品紹介

クオリディア・コード
20151221_qualidea08
20151221_qualidea02
20151221_qualidea03
20151221_qualidea04
20151221_qualidea05
20151221_qualidea06
20151221_qualidea07

人類の敵――〈アンノウン〉と戦争を続ける世界。
数十年前の侵攻時、コールドスリープ施設に避難させられていた子供たちは、その眠りから目覚めたとき、己の身に超自然的な力――〈世界〉が発現していることを知る。
東京湾ゲートから現れる〈アンノウン〉から国を護るため、少年少女たちは東京・神奈川・千葉の各防衛都市で戦いを繰り広げるのだった。

前代未聞、売れっ子ラノベ作家3人のユニット「Speakeasy」が全話の脚本を手がける歴史的アニメ!
東京をさがら総先生、神奈川を橘公司先生、千葉を渡航先生がそれぞれ担当。

 

★スタッフ

監督はかわむらけんいち氏。
脚本はSpeakeasy(さがら総×橘公司×渡 航)、キャラクター原案は松竜氏、キャラクターデザインは田畑壽之氏が担当。
アニメーション制作はA-1 Picturesが行います。

 

★クリエイター紹介

さがら総
変態王子と笑わない猫。 (MF文庫J)

2010年『変態王子と笑わない猫。』で第6回MF文庫Jライトノベル新人賞最優秀賞を受賞、本作でデビュー&TVアニメ化を果たしたライトノベル作家。
『クズと金貨のクオリディア』では渡航氏と共演。

 

橘公司
デート・ア・ライブ 十香デッドエンド (富士見ファンタジア文庫)

2008年『蒼穹のカルマ』で第20回ファンタジア長編小説大賞準入選、本作でデビューを果たしたライトノベル作家。
その後、『デート・ア・ライブ』を発表、TVアニメ化を達成。

 

渡航
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)

2009年『あやかしがたり』で第3回小学館ライトノベル大賞ガガガ文庫部門ガガガ大賞を受賞、本作でデビューを果たしたライトノベル作家。
その後『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』を発表、TVアニメ化を達成。

 

★告知動画

テレビアニメ「クオリディア・コード」PV第1弾

©Speakeasy・マーベラス/クオリディア製作委員会

 

★ななコメント

これはかつてないほどのビッグプロジェクトです♪

人気ラノベ作家さんがオリジナルアニメの脚本を担当するだけでもニュースなのに、3人の超有名作家さんが参加、しかもレーベルの枠を飛び越えたプロジェクトですから、相当大がかりなものになるのは間違いありません!

これからのアニメ業界にも大きな影響を与えそうな気がするぞ☆

 

関連記事

   
ページ上部へ戻る