七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【なな百科:キャラクター紹介】『STEINS;GATE』牧瀬紅莉栖(まきせ くりす)

なな情報局の辞書、なな百科ではついつい萌えちゃうあのキャラや、かっこいいあのキャラ…気になる謎キャラを紹介するぞ(>ω<☆)ノ

今回は『STEINS;GATE』の牧瀬紅莉栖ちゃん!

※メディアミックス作品のため情報はアニメやゲームなどが混在しています。
※一部ネタバレがあるので、注意してください。

 

★牧瀬紅莉栖(まきせ くりす)

ブシロードスリーブコレクションHG (ハイグレード) Vol.144 STEINS;GATE 『牧瀬 紅莉栖』

 

★キャラクター概要

5pb.から発売されているゲーム、およびそれを原作としたアニメ作品『STEINS;GATE』に登場するキャラクターの1人。
未来ガジェット研究所のラボメンNo.004で、本作のメインヒロイン。
日本出身だが、小学5年生の頃に母と共にアメリカに移住している。

若くして飛び級でアメリカのヴィクトル・コンドリア大学を卒業、17歳で学術雑誌で名高いサイエンスに自らの論文が掲載される才媛。
アメリカ在住だが、7月28日に秋葉原の大ビルで開催される秋葉原テクノフォーラムでのタイムトラベルに関する講演をするため日本を訪れる。
講演会場で出会った岡部の言葉に興味を抱き未来ガジェット研究所を訪ね、電話レンジの実験を目の当たりにする。
その好奇心旺盛な性格から電話レンジに興味を抱き、ラボに通い詰めるうちに岡部によってラボメンNo.004とされる。

その聡明さから、一人タイムリープを繰り返し孤独な戦いを続ける岡部の唯一の相談相手となり、SERNからまゆりを救うべく共に奮闘する。
歴史を修正していく中で岡部とは惹かれあっていくが、元の世界では7月28日に紅莉栖自身の死が確定した世界であることが判明するが、まゆりのため岡部の背中を押す。

その後未来から送られてきたタイムマシーンによって、紅莉栖もまゆりも犠牲にならない世界線「STEINS;GATE」に岡部が到達したため命を救われる。

原作トゥルーエンドからの続編映画『STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ』では主人公となり、岡部を救うため奮闘する。
また本人は隠しているが重度の@ちゃんねらーであり、言葉の端々に@ちゃんねる用語が混じることがある。

 

★プロフィール

CV:今井麻美
年齢:18歳
誕生日:1992年7月25日(獅子座)
身長:160cm
体重:45kg
血液型:A型
スリーサイズ:79/56/83
性格:好奇心旺盛、ツンデレ
髪型:赤茶色のロングヘア
所属:ヴィクトル・コンドリア大学脳科学研究所
趣味:実験、@ちゃんねる
好きなもの:ラーメン、SF小説、ドクターペッパー
苦手なもの:馬鹿な人、ゴキブリ、エコ活動
家族構成:父、母

 

★呼び名

岡部 倫太郎:紅莉栖、クリスティーナ、助手
椎名 まゆり:紅莉栖ちゃん
橋田 至:牧瀬氏
阿万音 鈴羽:牧瀬紅莉栖

 

★関連楽曲

約束のパラダイム
「STEINS;GATE」オーディオシリーズ ☆ラボメンナンバー004☆牧瀬紅莉栖

 

★名言、迷言

「やっと会えた あなたを、ずっと捜していました 私、一言、お礼が言いたくて どうしても、あなたに会いたくて」
「ねぇ、相対性理論って、とてもロマンチックで――とても、切ないものだね……」
「だから!私はクリスティーナでも助手でもないと…!あれっ…?」
「ありがとう 私のために、そこまで苦しんでくれて」
「あらゆる時、あらゆる場所に自分が居る 誰かを愛する強い気持ちが 何かを信じる強い感情が 何かを伝えたいと言う強い想いが 時を超え繋がって 今の自分があるんだとしたら それは、素晴らしいこと」
「忘れないで あなたはどの世界線にいてもひとりじゃない 私がいる」

 

★関連グッズ




関連記事

   
ページ上部へ戻る