七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【ドラクエ】「ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城」発売決定!3D映像すごい…これは欲しい!

ヒーローらしき女の子がかわいすぎて、今から早くプレイしたいぞ|д・☆)))プルプル

株式会社スクウェア・エニックスが、「ドラゴンクエスト」シリーズ最新作、「ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城」を、PlayStation®4、PlayStation®3で、2015年春に発売することを決定しました。

20140902_doraque (1)

 

★作品概要

20140902_doraque (2)

シリーズ初の本格的アクションRPG。
鳥山明氏デザインによるキャラクターやモンスターが画面内で縦横無尽に暴れ回るのはもちろんのこと、リアルなグラフィックで生まれ変わった大迫力かつ爽快感あふれる呪文や必殺技も必見です。

開発は、株式会社コーエーテクモゲームスの「ω-Force(オメガフォース)」が担当。
RPGとして長い歴史を持つ「ドラゴンクエスト」と、「無双」シリーズ等で多くのアクションゲームファンを持つ「ω-Force」との夢のコラボレーションが実現しました。

また、全世界累計約500万本を出荷している「ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君」から数えると、スピンオフ作品を除く「ドラゴンクエスト」の完全新規タイトルがPlayStation®のプラットフォームで発売されるのは10年ぶりとなります。
※2014年6月末現在。「アルティメットヒッツ」版を含む

ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城
ジャンル:アクションRPG
対応機種:PlayStation®4/PlayStation®3
プレイ人数:1人
発売日:2015年春 発売予定
価格:未定

制作スタッフ
ゼネラルディレクター:堀井雄二
キャラクターデザイン:鳥山 明
音楽:すぎやまこういち
開発:株式会社コーエーテクモゲームス/ω-Force
制作・販売:株式会社スクウェア・エニックス

 

★物語

20140902_doraque (3)

人間とモンスターが手を取り合い暮らす平和な王国、エルサーゼ。
しかしある日、モンスター達が豹変し、人間たちを襲いはじめます。エルサーゼの親衛隊長であるアクトとメーアは、モンスター達の本来の心を取り戻し、再びエルサーゼを平和な国にするため立ち上がります。

 

★ゲーム画面

20140902_doraque (4) 20140902_doraque (5) 20140902_doraque (6) 20140902_doraque (7) 20140902_doraque (8)

※画面は全て開発中のもの

 

★メタルスライム エディション

「ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城」の発売を記念して、特別なデザインを施した「プレイステーション®4」(PS4™)ならびにワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK®4)と、「はぐれメタル」USBカバーフィギュアをセットにした「PlayStation®4 ドラゴンクエスト メタルスライム エディション」の発売が決定しました。
本製品に同梱されるPS4™およびワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK®4)は、「メタルスライムをたおして入手したメタルのカケラを使って鍛冶職人が作りだした」というコンセプトの下、「メタルスライム」をイメージしたカラーが採用されるとともに、同キャラクターのプリントをあしらった特別なデザインが施されています。
さらに、PS4™のUSB端子に装着できる「はぐれメタル」フィギュアも同梱!
高級感あふれるメタリックな輝きを放つこのフィギュアをPS4™本体に装着することで、『ドラゴンクエスト』の世界観がより一層楽しめます。
※ 画像中の縦置きスタンドは、別売りの「縦置きスタンド グレイシャー・ホワイト」(CUH-ZST1J01)

 

★東京ゲームショウ2014 出展決定!

2014年9月18日(木)~21日(日)まで行われる、東京ゲームショウ2014のスクウェア・エニックスブースに、「ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城」も出展決定!
実機を使ったデモンストレーションを行うステージや、「PlayStation®4 ドラゴンクエスト メタルスライム エディション」の展示が行われる予定です。
(c)2014 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/KOEI TECMO GAMES/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

 

★ななコメント

ふわぁぁあ!!
これはほしいぞぉおお!
ななはドラクエとFFが大好きでゲームにハマったので、新作はいつもドキドキ…そして早く詳細が知りたいぞ(*ノω`☆)

関連記事

   
ページ上部へ戻る