七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【少女たちは荒野を目指す】2話 美少女ゲームにメイド喫茶に同人誌!?ヒロインの魅力いっぱいEDを紹介

「面映ゆくてならないわっ…!」

 

七星ななです(・v・☆)
アニメ『少女たちは荒野を目指す』2話、感想いくぞ☆

 

【ネタバレ注意】
※アニメ『少女たちは荒野を目指す』2話のネタバレがあります。

 

★第2話「これもひとつの青い春」

美少女ゲームを徹夜でプレイし、気だるい表情で登校する文太郎(北条文太郎)。
下駄箱を開けると、紙袋と砂雪(黒田砂雪)の手紙を発見する。
取り出して確認すると、紙袋の中に入っていたのは何本もの美少女ゲームソフト。
そこへ計ったかのように現れた砂雪は、それを“オススメ美少女ゲーム厳選10本”だと説明する。
砂雪に連れられて、“マーケティング研究会”の部室を訪れる文太郎。
しかし、それは世を忍ぶ仮の姿で、その実態は美少女ゲームサークルだった。

 

20160115_shoujotachihakouyawomezasu(ep02)_05
© みなとそふと/しょこめざ製作委員会

文太郎の人選にがっくりと肩を落とす、砂雪。
スタッフ探しは難航する。

砂雪「北条君って…、クリエイターを見る目がないのね…。」

 

20160115_shoujotachihakouyawomezasu(ep02)_14
© みなとそふと/しょこめざ製作委員会

砂雪の“リア充”発言に切れる、亜登夢(甲斐亜登夢)。
追い打ちをかける夕夏(小早川夕夏)は失恋の事実を晒す。

亜登夢「現実はクソゲー!!
夕夏「亜登夢が壊れたぁー!

 

20160115_shoujotachihakouyawomezasu(ep02)_12
© みなとそふと/しょこめざ製作委員会

念願のメイド喫茶へ足を踏み入れる、文太郎。
そこに居たのは“ルカ”を名乗るテルハ(安東テルハ)だった。

ルカ「フーッ…!フーッ…!

 

20160115_shoujotachihakouyawomezasu(ep02)_09
© みなとそふと/しょこめざ製作委員会

本屋でキャラクターの絵を学ぶ、文太郎。
描き手によるタッチの違いなどを何となく掴む。

文太郎「(目の形?目の形が違う気がする…。いや、髪…。毛先の塗り方か…。)」

 

20160115_shoujotachihakouyawomezasu(ep02)_06
© みなとそふと/しょこめざ製作委員会

文太郎に絵を絶賛された、うぐいす(結城うぐいす)。
その本心は意外にも…

うぐいす「…。」
文太郎「え?」
うぐいす「…。」
テルハ「?」

 

★2話の注目シーン

20160115_shoujotachihakouyawomezasu(ep02)_0120160115_shoujotachihakouyawomezasu(ep02)_02
© みなとそふと/しょこめざ製作委員会

“しょこめざ”のEDシーンです!

EDテーマは『世界は今日もあたらしい』
歌っているのは砂雪夕夏テルハうぐいすのヒロイン4人組です!

このEDアニメーションは良いです☆
本当に!
何と言うか青い春です!
青春です!
夕焼けです!?

ヒロイン4人のキャラクターを超えた人間性や魅力が詰まっています♪

まるでEDテーマのPVを自分たちで作って楽しみながら放課後に撮影しているかのような。
(カメラを回してるのは文太郎と亜登夢かな?)

上の画像はそれぞれが自分自身を文字で語っているカットです。
ここは特にお気に入り( ˘ω˘☆)
今回は美人な大女優を目指す夕夏と、創造主(?)を夢見るうぐいすの2人を紹介だぞ☆

 

★2話の感想

色々とマニアック過ぎ!?Σ(・v・☆)
美少女ゲームは一般ピーポーには敷居が高い!
メイド喫茶も同人誌もハードルが高い?
それでも情熱は伝わります♪

絵が上手くてもキャラが可愛くても。
中身が空っぽなら何も伝わらない。
情熱の先にあるのが結果なら。
結果の先にあるのはまた情熱です。
最も大切なのは結局ハートなんです。
頑張れ!
オタクたち!
一般ピーポーを振り向かせてみて☆
この世界の表と裏を変えてみてください!!!
単なる“内輪”でないことを期待だぞ(>ω<☆)ノ

関連記事

   
ページ上部へ戻る