七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【だがしかし DAGASHIKASHI】3話 駄菓子の食べ方がセクシーで色っぽいヒロイン・ほたる&アリスED注目!

「パーカーが邪魔だなぁ…。」

 

七星ななです(・v・☆)
アニメ『だがしかし DAGASHIKASHI』3話、感想いくぞ☆

 

【ネタバレ注意】
※アニメ『だがしかし DAGASHIKASHI』3話のネタバレがあります。

 

★第3話「ブタメンとくるくるぼーゼリーと…」

真夏の暑さの中、ガタガタと不気味な音を立てるシカダ駄菓子のエアコン。
そこへやって来たほたる(枝垂ほたる)は何も言わずにエアコンの電源を切ってしまう。
店番をするココノツ(鹿田ココノツ)の前に取り出した駄菓子は、“ブタメン”。
豆(遠藤豆)の協力でセッティングも完了し、ほたる流ブタメン試食会スタート!?

 

20160122_dagashikashi(ep03)_07
©2016 コトヤマ・小学館/シカダ駄菓子

アツアツのブタメンを堪能する、ほたる。
暑さで意識が朦朧とする中、ついに訪れたその瞬間!

豆「これが…、俺たちの希望だっ…!!」

 

20160122_dagashikashi(ep03)_10
©2016 コトヤマ・小学館/シカダ駄菓子

プールで“くるくるぼーゼリー”集めを楽しむ、サヤ(遠藤サヤ)。
ココノツの父・ヨウ(鹿田ヨウ)の粋な計らい…、しかしその裏には…

ココノツ「ああ、それ…、サイダー味グレープ味だね。」

 

20160122_dagashikashi(ep03)_11
©2016 コトヤマ・小学館/シカダ駄菓子

ココノツを振り向かせる為の完璧な作戦!
ほたるとヨウの目論見は見事に…

ほたる&ヨウ「作戦失敗!

 

20160122_dagashikashi(ep03)_13
©2016 コトヤマ・小学館/シカダ駄菓子

豆に“ボンタンアメ”の極意を叩き込む、ほたる。

ほたる「あなたの心に張りついたオブラート…!私が剥がしてあげるわっ!!」
豆「何だか分かんないけど…、バッチコーイッ!!

 

20160122_dagashikashi(ep03)_15
©2016 コトヤマ・小学館/シカダ駄菓子

ほたるの前で豪快に“セブンネオン”を食べる、サヤ。
完璧な“こし取り”にほたるも大絶賛!

ほたる「これ以上ないってくらいパーフェクツ!!」

 

★3話の注目シーン

20160122_dagashikashi(ep03)_17
©2016 コトヤマ・小学館/シカダ駄菓子

駄菓子の食べっぷりはもちろん、1つ1つの仕草や言葉がキュートで色っぽい
今回は、そんなほたるのセクシーショットです♡

豊満な胸元にうっすらと透けるブラ
しかも紫?黒?結構ハデな色柄!?

ガン見する豆やココノツの視線も何のその!
っていうか全く気付きません♪
ちょっと天然でおバカなところもほたるの魅力かなーと思いました☆

 

20160122_dagashikashi(ep03)_02
©2016 コトヤマ・小学館/シカダ駄菓子

再びモデルチェンジしたOPアニメーションです。
“完成版”と思っていましたけど、違ったみたいです。
1話ごとに変わるのかも??

某大作SF映画のパロディ風の鹿田親子のカット、大好きです♪

 

20160122_dagashikashi(ep03)_06
©2016 コトヤマ・小学館/シカダ駄菓子

OP同様モデルチェンジしたEDアニメーション。
テーマはルイス・キャロルの児童小説『不思議の国のアリス』でしょうか?
仲良く寄り添うほたるとサヤの“白昼夢”、という演出も良いです。

八重歯がキュートなアリス役のサヤ!
アリスを“駄菓子の国”へと誘う、白ウサギ役のほたる☆
変わり者で妹と同じく八重歯がキュートな帽子屋役の豆♪
そして、三月ウサギ役のココノツ!!!

画像は“狂ったお茶会”の席で駄菓子パーティーを楽しむ4人です!

お馴染みのチェシャ猫ハートの女王も登場します。
誰が役に扮してるかはヒミツです( ˘ω˘☆)

 

★3話の感想

真夏にストーブ、有り得ない!∑(・д・☆)
プールで駄菓子拾い楽しそう☆
深まるほたる嬢とサヤ師の友情!
駄菓子ガールズトーク♪
駄菓子に隠された秘密に思わず納得!
あー、ブタメン食べたいぞ( ˘ω˘☆)

 


関連記事

   
ページ上部へ戻る