七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【ラブライブ!】原作・公野櫻子氏、作画・鴇田アルミ氏の電撃G’sマガジン3月号より公式コミック連載再開!

原作・公野櫻子氏、作画・鴇田アルミ氏による公式コミック『ラブライブ!』が、2016年1月30日(土)発売予定の電撃G’sマガジン2016年3月号より連載を再開することが決定しました!

20160127_lovelive01
(画像:「ラブライブ!」公式WEBサイトより)© 2013 プロジェクトラブライブ!

公式コミック『ラブライブ!』は、電撃G’sマガジン2012年1月号より連載を開始。
その後、2014年5月号まで連載したのち、電撃G’sコミックへと移籍。
電撃G’sコミックでは2015年3月号まで掲載され、その後は休載が続いていましたが、今回再び電撃G’sマガジン誌上で連載が行われることになりました。

『ラブライブ!』は元々、電撃G’sマガジン誌上でのビジュアル、サンライズ制作のMV&ランティス制作の音楽によるCD発売を同時進行していくスクールアイドルプロジェクトで、『シスター・プリンセス』『Baby Princess』等を手がけた公野櫻子氏の原案をもとにストーリーが展開していくという企画。
今回の再移籍は、『ラブライブ!』の原点とも言うべき作品が原点となる雑誌へ帰還する、原点回帰の物語と言えそうです。

 

★作品紹介

ラブライブ!
ラブライブ!School idol project 1 (電撃コミックス)

学園を廃校から救うためスクールアイドルユニット「μ’s」として活動する、9人の少女の物語。
雑誌内でのユーザー参加型企画からスタートし、コミック版の連載、TVアニメ化などのメディアミックスが関心を集め、絶大な人気を獲得。
2013年に配信したスマートフォン向けアプリケーションゲーム「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」、2015年に公開した劇場版『ラブライブ!The School Idol Movie』も爆発的ヒットを記録する中、2016年4月をもってその活動に一区切りつけることに。

※詳細はこちら
【なな百科:作品紹介】『ラブライブ!』

 

★ななコメント

書籍版『ラブライブ!』はこの他にも、電撃G’sコミックで連載中の「ラブライブ! School idol diary」や小説版などがありますけど、最初に連載が始まったのは、この鴇田アルミ先生作画の『ラブライブ!』だぞ(・v・☆)

アニメ化される前から電撃G’sコミック誌上で『ラブライブ!』を追いかけてたファンのみなさんにとって、この連載再開は感慨深いものがあるんじゃないでしょうか?

1年ぶりの連載再開なので、コミックス1~3巻を読み返して復習しておきましょう♪

 


 

関連記事

   
ページ上部へ戻る