七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【最弱無敗の神装機竜〈バハムート〉】5話 クルルシファーの過激な誘惑…恋の魔法はキスから続きまで!?

「ドリル!?」

 

七星ななです(・v・☆)
アニメ『最弱無敗の神装機竜〈バハムート〉』5話、感想いくぞ☆

 

【ネタバレ注意】
※アニメ『最弱無敗の神装機竜〈バハムート〉』5話のネタバレがあります。

 

★episode.05「少女の願い」

遺跡奥の祭壇に閉じ込められてしまった、2人。
クルルシファー(クルルシファー・エインフォルク)が明かした悲しい過去。
共感するルクス(ルクス・アーカディア)も自分の境遇を語る。
リーシャ(リーズシャルテ・アティスマータ)に救出され、地上に戻った2人。
クルルシファーの差し入れのハーブティーを飲んだルクスはそのまま深い眠りにつく。
そしてその夜、密かに行われた決闘の場にルクスの姿はなかった。

 

20160210_saijakumuhainobahamut(ep05)_05
©明月千里・SBクリエイティブ/最弱無敗の製作委員会

そんな寂しいこと…、言わないでよ…。

自分を責めるクルルシファーを気遣う、ルクス。
人の良いルクスにクルルシファーは処世術を説く。

クルルシファー「女の弱音を…、あまり本気で受け取らない方がいいわよ?」

 

20160210_saijakumuhainobahamut(ep05)_08
©明月千里・SBクリエイティブ/最弱無敗の製作委員会

空に浮かぶ満月を見つめる、アイリ(アイリ・アーカディア)。
何も知らないクルルシファーを憂う。

アイリ「やっぱり…、まだ兄さんのことを何も分かっていませんね…。あなたは…。」

 

20160210_saijakumuhainobahamut(ep05)_10
©明月千里・SBクリエイティブ/最弱無敗の製作委員会

バルゼリッド(バルゼリッド・クロイツァー)とクルルシファーの決闘。
神装機竜アジ・ダハーカと神装機竜ファフニールの激突!

バルゼリッド「どうした?どこを狙ってる?
クルルシファー「気安く触らないでくれるかしら!?」

 

20160210_saijakumuhainobahamut(ep05)_11
©明月千里・SBクリエイティブ/最弱無敗の製作委員会

アジ・ダハーカに不意を突かれる、ファフニール。
装甲が解けたクルルシファーはついに追い込まれる。

バルゼリッド「いずれは俺の子を孕む大切な腹だ。もう少し優しくしてやらねばなるまいなあ。」

 

20160210_saijakumuhainobahamut(ep05)_12
©明月千里・SBクリエイティブ/最弱無敗の製作委員会

クルルシファーを救う、漆黒の機竜。
それはルクスの神装機竜バハムートだった。

ルクス「ルクス・アーカディア…。現時刻をもって…、戦いに参戦します…!」

 

20160210_saijakumuhainobahamut(ep05)_14
©明月千里・SBクリエイティブ/最弱無敗の製作委員会

“暴食〈リロード・オン・ファイア〉”の反動で暴走を始めるバハムート。
クルルシファーの言葉を制したルクスの狙いとは…

ルクス「あなたは僕の恋人ですよ…!だから…、必ず助けます!」

戦わせてください!僕の大切な、あたなたの為に!!

 

20160210_saijakumuhainobahamut(ep05)_16
©明月千里・SBクリエイティブ/最弱無敗の製作委員会

アジ・ダハーカを打ち破ったバハムート。
解放されたクルルシファーにルクスは優しく手を差し伸べる。

ルクス「帰りましょう…?僕たちの学園に…。」

 

★5話の注目シーン

20160210_saijakumuhainobahamut(ep05)_01
©明月千里・SBクリエイティブ/最弱無敗の製作委員会

リーシャ「ところでお前…、クルルシファーにヘンなことは…されなかったろうなぁ…?」
ルクス「変なことって…、何ですか?」

20160210_saijakumuhainobahamut(ep05)_02
©明月千里・SBクリエイティブ/最弱無敗の製作委員会

リーシャ「んなっ!?そっ、そんなの私に言わせるなっ!馬鹿者っ!!イ、イヤらしい奴めっ!!」
ルクス「えええええええっ!!?いやらしいって何ですかっ!??」
クルルシファー「…。

1つ目の注目シーンは、これ!
自慢のドリルでルクスとクルルシファー救出に登場したリーシャです!

その行為自体は素晴らしいのですが、相変わらずのKYぶり!
ルクスと交わすお子ちゃまトークは、直前のシリアスムードを一気に吹き飛ばしました!
ルクスとクルルシファーの“大人の会話”とのギャップがハンパないです。

ルクスとリーシャの絡みはいつもこんな感じ?
リーシャのツンデレ度が少し高すぎる気はしますが、気が利くルクスのキャラクターと合っています。
わがままなお姫様の執事役としてならルックスも性格も適任でしょう。

 

20160210_saijakumuhainobahamut(ep05)_03
©明月千里・SBクリエイティブ/最弱無敗の製作委員会

クルルシファー「でも…、本当のあなたはとても強引な人だわ…。そんなあなたのことが…。」

とても好きよ…?

クルルシファーに唇を奪われる、ルクス。
一瞬で身も心も奪われ、彼女のに。

そして、クルルシファーの誘惑は更に過激になって行く…

20160210_saijakumuhainobahamut(ep05)_04
©明月千里・SBクリエイティブ/最弱無敗の製作委員会

クルルシファー「もしルクス君が本当に婚約してくれれば…、この続きをしてあげてもいいわよ?
ルクス「あっ、えっ、あの、その…。」
??「何をやってるんだお前たちはーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!!??

2つ目はルクスがクルルシファーに正式な婚約を迫られるシーンです。

恋という名の魔法にかかってしまったルクス。
何の抵抗もできず、いいように弄ばれてしまいます。

相変わらずのルクスのリアクションはさておき、人目もはばからないクルルシファーの大胆な言動。
おそらく彼女は“見られるほど燃える”タイプだと思います。

これはHな意味ではなく、今までの言動から分析したキャラクター考察です。

きっとクルルシファーはリーシャが覗いてることを知っていたんじゃないかと思います。
見ているからこそ、あえてこういう行為をしたのではないかと思うのです。
つまり、リーシャを恋のライバルと理解した上での先制パンチと言ったところでしょうか。

今回紹介した2つのシーンにはこのアニメの見所が隠れています。

すなわち“ルクス争奪戦”!です。

ヒロインたちとルクスの絡みとともに、ヒロイン同士の間接的な絡みは要チェック!
もう1つの戦いは既に始まっているのです!

余談ですが、ルクス役に女性の声優さん(CV:田村睦心)を使った狙いも何となく分かります。
実際、ルクスとクルルシファーの絡みなんて百合シーンに見えますから、一風変わったハーレムアニメという意味では見応えがあるんじゃないでしょうか!?

きっとルクスの唇は女性のように柔らかいのだと思います!

 

★5話の感想

悲しいクルルシファーの過去!
KY王女のドリルが活躍!?
月下の機竜対決!
アジ・ダハーカの恐るべき神装!
大逆転の切り札は諸刃の剣!?
クルルシファーの大胆行動にツンデレ王女が爆発!?

 


関連記事

   
ページ上部へ戻る