七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

あなたのために歌って踊るフィギュア!?初音ミクの新機軸「HATSUNE MIKU by iDoll×Nendoroid」詳細情報を公開

ユカイ工学株式会社が、2月7日に幕張メッセにて開催された国内最大級の造形イベント「ワンダーフェスティバル2016[冬]」において、株式会社グッドスマイルカンパニーのフィギュアシリーズ「ねんどろいど」とコラボレーションした「HATSUNE MIKU by iDoll x Nendoroid」の実物展示およびデモンストレーションを実施、特設サイトにて同コラボレーションモデルの詳細情報やコンセプトムービーを公開しました。

20160210_miku05
20160210_miku04

 

★コラボ追加情報

HATSUNE MIKU by iDoll x Nendoroid
20160210_miku01
20160210_miku02
20160210_miku03

新たな機能として、あなただけのために、歌って踊る「SING&DANCE」、あなたの問いかけに歌と踊りで答えてくれる「COMMUNICATE」、スマホアプリと連動してお手伝いをしてくれる「ASSIST」を追加。
また、新たな特徴として「ツインテール、首、肩、肘、股関節、体全体の合計10ヶ所が可動」「身長は『ねんどろいど初音ミク2.0』の約1.2倍の大きさの約11cm」「台座には15個のモーター・スピーカー・マイクを内蔵」「キャラクター造形は『ねんどろいど』のグッドスマイルカンパニーによる監修」といった点が明らかになりました。

※「HATSUNE MIKU by iDoll x Nendoroid」概要はこちら
【ワンフェス2016[冬]】ミクさんがロボット化!?「iDoll×ねんどろいど×初音ミク」コミュニケーションロボット

 

★告知動画

HATSUNE MIKU by iDoll x Nendoroid | コンセプトムービー

テーマは「はじめてのコミュニケーション」。
起動させるまでの期待感、ミクが歌ったり踊ったりする様子に驚き喜ぶ表情、様々なリアクションをするミクに楽しげに語りかける姿。
そんな「素のリアクション」を大切にしながら、ユーザーとミクとのコミュニケーションを描いています。
テーマソングには、2007年10月14日に投稿され、270万再生以上を記録するmalo氏作詞作曲の『ハジメテノオト』を使用。

 

★キャラクター紹介

初音ミク(CV:藤田咲)
KEI画集 mikucolor (イラスト・画集)

クリプトン・フューチャー・メディアから発売されたDTMソフト『キャラクター・ボーカル・シリーズ』のマスコットキャラクターの一人。
実体を持たないバーチャルアイドルで、既存の二次元キャラクターの枠に囚われず、音楽番組への出演など様々なメディアで活躍中。
キャラクターデザインはイラストレーターのKEI氏だが、公式・非公式を問わず数多くのイラストレーターによってその姿を描かれている。

※詳細はこちら
【なな百科:キャラクター紹介】『ボーカロイド』初音ミク(はつね みく)

©Crypton Future Media, INC. www.piapro.net piapro

 

★ななコメント

iDollの技術で新たなステージに上ったミクさん、かなり多くの機能が搭載されています!

ミクさんが今まで培ってきたイメージが、最新技術でより鮮明に表現される感じだぞ(・v・☆)

商品化は未定とのことですが、ぜひ発売して欲しいです♪

 


関連記事

   
ページ上部へ戻る