七星なながアニメ・萌え情報をお届け☆

menu

【なな百科:キャラクター紹介】『最弱無敗の神装機竜〈バハムート〉』ルクス・アーカディア

なな情報局の辞書、なな百科ではついつい萌えちゃうあのキャラや、かっこいいあのキャラ…気になる謎キャラを紹介するぞ(>ω<☆)ノ

今回は『最弱無敗の神装機竜〈バハムート〉』のルクス・アーカディアさん!

※メディアミックス作品のため情報はアニメやゲームなどが混在しています。
※一部ネタバレがあるので、注意してください。

 

★ルクス・アーカディア

20160211_rukusu_1
(画像:「アニメ(最弱無敗の神装機竜〈バハムート〉)」公式WEBサイトより)©明月千里・SBクリエイティブ/最弱無敗の製作委員会

 

★キャラクター概要

GA文庫から刊行されている明月千里氏によるライトノベル、およびそれを原作としたアニメ作品『最弱無敗の神装機竜〈バハムート〉』に登場するキャラクターの1人。
本作の主人公。
クーデターによって5年前に滅びた大国「アーカディア帝国」の元第七皇子。
アティスマータ新王国の建国後、咎人の証である首輪を着けられるが、恩赦として「国家予算5分の1相当の借金を背負い、国民の雑用をこなすことで返済を行う」ことになり、日々様々な仕事を請け負う。

旧帝国皇族の生き残りということで良く思わない者達もいるが、城塞都市の人々や王立士官学園の女性陣からの受けは良い。
本人もお人好しな性格で女性に対しても見下したりせず、逆に周囲の女性たちのペースに振り回され、ツッコミ役にまわる事が多い。

月に1度行われる公式模擬戦で無敗を誇っているが、守りに徹し相手のスタミナ切れを待って引き分けに持ち込むという戦い方であるため「無敗の最弱」と呼ばれている。

その正体は、クーデターにおいてたった1機でアーカディア帝国の装甲機竜1200機を破壊したという伝説、「黒き英雄」本人である。
事実は秘匿されており、一部の人間の身が真実を知っている。

帝国であった頃から恵まれた環境ではなく、7歳のときに母や妹と共に宮廷から追放され、帝都のはずれで暮らしていた。
事故で母が瀕死の傷を負ったとき、周囲に助けを求めたが皇族への恨みから見殺しにされ母を喪ってしまう。
その経緯から周囲の人間全てを憎んだこともあったがフィルフィの優しさに救われ、立ち直っている。

 

★プロフィール

CV:田村睦心
髪型:銀髪のショートヘア
所属:王立士官学園
性格:温厚、お人好し
神装機竜:バハムート

 

★作品紹介

最弱無敗の神装機竜〈バハムート〉
最弱無敗の神装機竜 ≪ バハムート ≫ II [Blu-ray]
明月千里氏によるライトノベル作品。
クーデターによって滅ぼされたアーカディア旧帝国、亡国の皇子であるルクス・アーカディアは事故から王立士官学園大浴場に飛び込み、アティスマータ新王国の王女・リーズシャルテを押し倒してしまう。
機械装甲「機竜」での決闘を挑まれ、「無敗の最弱」と呼ばれるルクスは、決闘で実力を示したことでリーズシャルテに気に入られ、王立士官学園に編入することになる。

 

★エピソード

第1話の浴場突入から毎回のようにラッキースケベにあっているルクス。
バハムートで戦う時の姿とのギャップがカッコいいですね!

登場キャラクターもどんどん増えてきて毎話見逃せません!

 

★名言、迷言

「そ、その、すみません。全部見ちゃって…。」
「来たれ!力の象徴たる紋章の翼竜!我が剣に従い、飛翔せよ!ワイバーン!!」
「その紋章は…、もしかして、旧帝国の…。」
「顕現せよ…。神々の血肉を喰らいし暴竜。黒雲の天を断て!バハムート!!!」

 

★関連グッズ

 


関連記事

   
ページ上部へ戻る